カテゴリー
Computer Development Programming Security

Railsのリモートコード実行脆弱性、今昔

去年、今年とStruts2、Drupalのリモートコード実行脆弱性が問題になりました。記憶に新しい方も多いと思います。Railsにもリモートコード実行脆弱性が複数レポートされており、Railsユーザーであればよくご存知だと思います。

ざっと思い付く昔の脆弱性から最近の脆弱性まで簡単にまとめてみます。

カテゴリー
Computer Security

PHP 5.6.38他で修正された任意コンテンツ送信脆弱性について

PHP 5.6.38/7.0.32/7.1.22/7.2.10でApache2handler SAPIのセキュリティバグが修正されました。

13 Sep 2018
Apache2:

Fixed bug #76582 (XSS due to the header Transfer-Encoding: chunked).

http://php.net/ChangeLog-5.php#5.6.38

攻撃者が送った出鱈目な攻撃用データがPHPプログラムに関係なくブラウザに出力されてしまう問題が修正されました。

この脆弱性の影響が正しく伝わっていないようなので、簡単に紹介します。

カテゴリー
Computer Development PHP Security Programming Security

PHPのPharを使ったコード実行

phar(PHPプログラムを1つのアーカイブファイルにまとめて利用するファイル形式)のメタデータにserializeが使われている点は議論になったことがあるように思います。そもそも危険なpharファイルだったら意味なし、という結論だったはずです。結構前の事なので詳しくは記憶していません。

pharモジュールはデフォルトで有効化されており、影響範囲は大きく危険度は高いです。

BlackHat 2018でpharアーカイブを利用した攻撃方法が紹介されています。簡単に紹介します。詳しい内容は発表者のPDFを参照ください。WordPress, Type3, TCPDFへの攻撃方法が記載されています。

カテゴリー
Computer PHP Security Programming Secure Coding

APIを過信するとおかしな事になる例 – SAML認証成り済まし

今年の2月にSAMLライブラリの脆弱性が報告されていたことを覚えている人も居ると思います。

この脆弱性はXMLコメント(<!– –>)の取り扱いの違いによって、本来のユーザーではない攻撃者を認証してしまう事が問題であったとしています。

攻撃用の文字列サンプルは以下のような物です。

<NameID>user@example.com<!—->.evil.com</NameID>

攻撃が可能になる理由はXMLコメントの取り扱いの違いにあります。

  • あるライブラリは<!– –>までの文字列(user@example.com)までをNameIDとして取り扱う
  • 別のライブラリは<!– –>を取り除いた文字列(user@example.com.evil.com)をNameIDとして取り扱う

これにより攻撃者が別のユーザーに成り済ませてしまう問題が発生しました。1

カテゴリー
Computer Development PHP Security Secure Coding

インジェクション攻撃は3種類ある

インジェクション攻撃、とは言ってもそのインジェクション対象によって影響が異なります。インジェクション攻撃の対象によって2種類、コードとデータ、に分類できます。Webシステムの場合、リクエストのインジェクションを別のインジェクション攻撃と考えた方が解りやすいので、大まかに分類して3種類に分類できます。

インジェクション脆弱性は絶対に避けなければならない脆弱性である、と認識されていると思います。しかし、3種類あるインジェクション攻撃のうちデータのインジェクションに対するリスク認識が極端に甘いように感じています。

※1 Webシステムを前提としていますが、大抵のシステムは「コード」と「データ」のインジェクションを考慮すれば十分である場合が多いです。

※2 そもそもコードを実行する機能そのものに”コード”を実行させるのは”正当な機能”です。eval( $_GET[‘code’] ) など、これらの機能の基礎的使い方間違いは考慮しません。ここでは本来コードではないデータを介するコードインジェクション、例えば eval( ’var = ‘. $myvar. ‘;’) など、及び、データその物で攻撃するデータインジェクションを取り上げています。

カテゴリー
Computer Development PHP Security Programming Security

まだ誰も知らない脆弱性/攻撃に備える方法

セキュリティを考えると全ての入力データはアプリケーションがバリデーションすべきで、長さ/形式は厳格にバリデーションすべきです。1

厳格なバリデーションは開発者が意識/把握していない各種インジェクション脆弱性にも対応できること、インジェクション攻撃が持たらす被害が致命的であることが、その理由です。

適切なバリデーションは最強のセキュリティ対策の1つ2です。強いデータ型は弱いバリデーションの一種ですが、それでもセキュリティ対策として高い評価を得ています。にも関わらず強いバリデーションである厳格なデータバリデーションはコンピューターサイエンティストのセキュリティ専門家3以外にはあまり評価されていないように感じます。

今回は低レベルのライブラリにもコードインジェクション脆弱性のリスクがあること、その対策としてバリデーションが如何に効果的であるか紹介します。

カテゴリー
Computer Development PHP Security Programming Security

Python 2.7.14から学ぶセキュリティの基本

Python 2.7.14が2017/9/16にリリースされました。Pythonの開発はバージョン3系に移行しており、2系はセキュリティ修正のみのリリースになっています。とは言ってもモジュールの変更を見るとバグフィックスやドキュメント修正も含まれているようです。

Python 2.7.14のリリースはソフトウェアセキュリティの基本を学ぶには良い題材になります。