2017年版OWASP TOP 10

追記: 8月現在では、OWASP TOP 10 2017はWAFのプロモーションになっている、OWASP Proactive Controlsの”全ての入力をバリデーションする”と重複している、などの点が議論になりRCはリジェクトされ11月にリリースを目指して調整中になっています。

追記2:正式版が2017年12月にリリースされました。ここで紹介している脆弱性はA10(10番目の脆弱性)「不十分なログとモニタリング」として登録されました。WAFが必要であるかのような記載が削減されましたが、脆弱性の本質(入力検証しない&対応しないアプリは脆弱なアプリ)は変わりありません。

 

このテーマついては既にブログは書いています。このエントリでは追加でQ&Aを記載しています。

2017年度版 OWASP TOP 10 で変るWebセキュリティのルール

元々はこのスライドは非公開にするつもりでしたが、公開可能な内容で公開することにしました。

開発会社としてはどうすれば良いのか?と質問を頂いたので追記します。

“2017年版OWASP TOP 10” の続きを読む