エンジニア必須の概念 – 契約による設計と信頼境界線

少し設計よりの話を書くとそれに関連する話を書きたくなったので出力の話は後日書きます。

契約による設計(契約プログラミング)(Design by Contract – DbC)は優れた設計・プログラミング手法です。契約による設計と信頼境界線について解説します。
“エンジニア必須の概念 – 契約による設計と信頼境界線” の続きを読む

入力バリデーションはセキュリティ対策として*あてにする*ものではありません

ブログを書き出すと、次々に書きたくなるので困ったものです。

徳丸さんに返信した前のエントリのリンクに「もう入力値検証はセキュリティ対策として *あてにしない* ようにしよう」とあったので補足しておきます。

そもそも入力バリデーションは「あてにする」ような物ではありません。セキュリティ対策としては「転んだ時に役立つかも知れない杖」と捉えるべきです。役立つか役立たないかは分かりませんが、SANS/CWE TOP 25で「怪物的な緩和策」(Monster Mitigation)のNo 1として挙げられているセキュリティ対策です。

つまり、毎年多数登録されるソフトウェア脆弱性データベースであるCVEデータベースのセキュリティ問題に対して、最も効果があるセキュリティ対策である、という事です。運任せでも統計的に役立つ事が実証されているセキュリティ対策を導入しないのは効果的なセキュリティ対策であるとは言えません。

入力バリデーションは「あてにする」ような物ではありませんが、セキュリティ対策として必ずやるべき対策です。運任せなので、より幸運にも脆弱性が攻撃できない状況になるよう、ホワイトリスト方式で厳格にバリデーションするのが正しいやり方です。

入力バリデーションはセキュリティ対策の基本

徳丸さんとはホワイトリスト VS ブラックリストの議論から楽しく話をしています。私はホワイトリスト型で対処する方がよりセキュアであると考え、徳丸さんはブラックリストも変わらない。としています。考え方が反対なので楽しいのです。残念ながらあまりブログなどに時間を取りなくないのですが、わざわざ徳丸さんがブログを書いた、とツイッターで教えていただいたので簡単に返信しておきます。

http://tumblr.tokumaru.org/post/55587596019

私は「バリデーションはセキュリティ対策とは言えない」と思っているのですが、実は「世界の常識」という点に異論があるわけではなくて、話は逆なのです。「従来からバリデーションはセキュリティ対策としてとらえられてきて『世界の常識』となっているが、実はそれはおかしいのではないか?」という問題提起をしているのです。なので、「世界の常識だろ」と言われても、それでは反論になっていません。

結論からいうと入力パラメータのバリデーションは世界のセキュリティ専門家によって非常に有用なセキュリティ対策だと認められています。

ホワイトリストの基本中の基本は”デフォルトで全て拒否する”であることに注意してください。全て拒否した上で、許可するモノ、を指定しないとホワイトリストになりません。

参考:プログラムが正しく動作するには、正しい「データ」と「コード」両方が必須。データのバリデーション(=セキュリティ対策)がない対策はあり得ない。

データのセキュリティ対策が無いセキュリティ対策?!

“入力バリデーションはセキュリティ対策の基本” の続きを読む

セキュリティ専門家でも間違える!文字エンコーディング問題は難しいのか?

一見徳丸さんのブログは分かりやすいように思えますが、それは単純な実験により分かりやすいように見えるだけで複数の間違いがあります。

その間違いとは

  • 意図の取り違い – 誤読
  • 言語の仕様と実装の理解不足
  • HTTPやPHP仕様の理解不足
  • セキュリティ対策をすべき場所の理解不足

です。(※0)

“セキュリティ専門家でも間違える!文字エンコーディング問題は難しいのか?” の続きを読む

ホワイトリストはどう作る?

まずホワイトリストの基本中の基本は”デフォルトで全て拒否するであることに注意してください。全て拒否した上で許可するモノを指定しないとホワイトリストになりません

例えば、CSPはホワイトリストで不正なJavaScriptの実行を防止する仕組みです。2016年のGoolgeの調査によると95%のCSP定義が、実際にはJavaScriptインジェクション脆弱性の防止に役立っていない、との調査結果を発表しています。原因はホワイトリストの作り方の基本、全て拒否した上で許可するモノを指定する、を理解していないことにあると考えられます。1

私はいつも基本的に能動的なセキュリティ対策2を選択するようにお勧めしています。能動的なセキュリティ対策とは全ての入力値の厳格なバリデーション処理であり、出力時に過剰とも言えるエスケープ処理です。入力/出力の両方にホワイトリスティング対策をお勧めしています。3

“ホワイトリストはどう作る?” の続きを読む