日本政府「夏時間」に続き「夏温度」を導入

酷暑対策として「夏時間」の導入を決定した日本政府は新たな酷暑対策として「夏温度」の導入を検討することを発表した。夏時間(サマータイム)と同じく夏季の3ヶ月間は夏温度として20℃低い温度の使用を義務付け2020年から導入する。

政府関係者は「”夏時間”を導入するなら、同じ酷暑対策として”夏温度”を導入するのが道理だ。粛々と進める」とした。夏温度を推進する与党議員は「心頭を滅却すれば火もまた涼し、”夏温度”を導入すれば45℃の酷暑であっても25℃と快適温度となり、気持ちだけでも涼しくなる」と夏時間導入の意義を語った。

この方針に関して医療関係者は「人は気持ち次第で厳しい環境に対する耐性を向上させることが可能な場合もある。一定の効果があるのではないか?」「精神論かも知れないが、真面目な日本人なので気分を変えるだけで本当に良い効果が得られる可能性がある」とコメントした。

政府は気象庁のシステムに”夏温度のデータ”をそのまま保存することを要求することも分かった。”夏温度”期間中は政府および外郭機関は全ての温度データを”夏温度”で提供し、法律で”夏温度”利用を義務化する。

気象庁からの温度データは”夏温度”のまま提供されることになる。気象庁からのデータに依存する気象情報提供会社は「”夏温度”の利用が義務化されると気象データ管理システムの温度データが出鱈目になる」、ITシステムの専門家もシステム改修なしでは、気象関連システムに重大な問題を起こすとして強い懸念を示しました。

夏温度の利用を徹底するため、政府は夏温度期間中は全ての”温度”データを夏温度で保存することを義務化するとしている。

官房長官は”夏時間”の導入でさえオリンピックまでに完了できる。”夏温度”の影響範囲は限定されているとし、気象関連システム改修に関わらず”夏温度”の導入を進めるとした。

(もちろんフィクションです)
“日本政府「夏時間」に続き「夏温度」を導入” の続きを読む

日本政府が「夏重さ」の導入を決定

2018年8月14日、日本政府は東京オリンピックに合わせて夏季の期間に限り、1kgを1200gとする「夏重さ」の導入の検討に入ると発表した。

官房長官は「夏重さの導入により夏季の過剰なダイエットを防止できる効果が期待できる。国民の健康のために確実に導入したい。」と”夏重さ”導入にかける意気込みを語った。

特に若年層では夏季の過剰なダイエットが恒常的に行われており、成長期に於けるダイエットが問題化していた。夏季に限り1kgを1200gをすることにより50kgの体重は約41.7kgとなり、多くの若年層が理想の体重を見掛け上達成でき、過剰なダイエットを防止する効果が期待できるとしている。

”夏重さ”導入を巡ってはその実効性が疑問視されていた。政府は”夏重さ”の表記/導入を法律で義務付け、違反した場合には懲罰的罰金を課すことを検討している。”夏重さ”で表記していない製品1つあたり1万円程度の罰金が有力視されている。この罰金制度が実現した場合、1万個の製品を”夏重さ”に非対応で出荷した場合、1億円の罰金が課されることになる。

突然の罰金付き”夏重さ”導入に対し産業界からは「夏の間だけ重さの基準が変わるのは困る。夏重さ基準の導入には製品のラベル変更からITシステムの更新など負担が大きい。夏重さが終了後の製品ラベルなどはどうするのか?」「現状のシステムだと取引の際のkgが表記の重さが”夏重さ”なのか”冬重さ”なのか区別できなくなる」と困惑の声があがっている。

夏重さ導入を主導した”夏重さ導入を実現する会”会長は重さ基準の変更による影響に対し「コンピュータなどの重さ設定の変更は、律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れるはず」「重さ感覚の違いの問題は、むしろ個人の心構えにより、多くは解消されるはず」とした。

(フィクションです)

サマータイムならぬサマーウェイトだったら?というフィクションです。

時期によって「重さ」の基準が変わると困ります。「時間」の基準が変わるサマータイムは夏時間/冬時間への「切りかえ時」のみの問題に見えますが、コンピューターにとっては「重さ」基準の切り換えが行われた場合と同じような変更が必要になります。

“日本政府が「夏重さ」の導入を決定” の続きを読む

サマータイムの導入は簡単!なのか?可能なのか?メリットはあるのか?

サマータイム(デイライトセービング)の導入は可能です。欧米では導入しています。しかし、問題は可能かどうか?だけではないです。

欧米ではITシステムが発達する前からサマータイムを実施しています。つまり最初から時間がコロコロ変わることを前提にITシステムが作られています。

一方、日本ではサマータイムは敗戦後の占領統治下の一時を除いて実施されていません。多くのITシステムは時間がコロコロと変わることを前提として作られていません。

サマータイム導入でITシステムで何をしなければならなくなるのか、簡単にまとめます。結論は、サマータイムの導入は難く、ITシステムにはデメリットしかなく、他もメリットは少くデメリットが目立つ、です。

“サマータイムの導入は簡単!なのか?可能なのか?メリットはあるのか?” の続きを読む