「はじめてPHP言語プログラミング」に新しいコメント

(更新日: 2006/09/01)

本書はPHPプログラミング「入門」と銘打っている。しかし、たとえば値渡し・参照渡しといった重要事項が、ごく簡単にしか説明されていない。これでは、全くのプログラミングの素人にはきついのではないか。逆に、CやPerlなどをかじったことがある人であれば、簡潔でいいのかもしれないが…。

また、具体的な関数・メソッドの索引はほとんど省かれている。だから、実際にプログラムを書くためには、他のマニュアルで確認する必要がある。とはいえ、公式サイトのマニュアルが日本語版も充実しているからそれを読めばいいのだが、巻末の索引だけで事足りないのは不満。

技術書には

– チュートリアル
– リファレンス
– 解説書

の3種類があると考えています。私としては「入門書 != チュートリアル」「入門書 != リファレンス」であり基本的には「入門書 == 解説書」だと思っています。

もちろん手取り足取りのチュートリアル型の入門書を否定するつもりはありません。チュートリアルが必要・好みの方はそのタイプの入門書を購入されれば良いと思います。執筆時点でチュートリアル型のPHP入門書は多数出版されていたので多少硬派なPHP入門書(解説書)として書いてみようと思って執筆しています。このコメントにあるように既にプログラミングを知っている方に読みやすい、分かりやすいを狙っていたのも確かです。

参照渡しと値渡しの解説が初心者には不十分とあります。自分でもどう書いたのか忘れたので後で見てみることにします。リファレンスとして利用できるようになっていた方が便利なのは分かります。この点は考慮した方がよさそうです。

書名に「はじめて」と書いてあるのでプログラミング初心者向けのチュートリアル型の入門書でないと「期待と違う」と言うことになってしまうのでしょうね… この本の「はじめて」ははじめて言語としてPHPを解説した本、という意味をこめて付いているのですが誤解を招いてるのでしょう。書名は大切ですね。

あとAmazonの評価を見ると「減点方式」で評価している方が多いようです。とりあえず「満遍なく」が良いようです。「はじめてのPHP言語プログラミング」のコメントはどれも非常に参考になりました。これから執筆予定のZend Framework+Prototypeの入門書の執筆の参考にさせて頂くつもりです。

Webアプリセキュリティ対策入門」には評価が付いていないです。このブログでもAmazonでも構わないのでご意見を頂ければ参考にさせて頂きます。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です