Heartbleed脆弱性と漏洩する情報のまとめ

Hearbleed脆弱性はSSL接続を処理するサーバーのメモリ内容を盗める脆弱性です。メモリ内には様々な機密情報が含まれています。Webサーバープロセスのメモリ内に保存されている内容は全て盗まれる可能性があります。セッションIDやユーザーのパスワードが盗める場合もあります。Heartbleed脆弱性は任意アドレスのメモリ内容をリモートから自由に読み出す脆弱性なので、サーバーのメモリ内に保存された秘密情報は、SSL秘密鍵に限らず、メモリ内容から盗めます。

影響範囲はシステム構成により異なるので、どのような条件で盗まれるのかまとめました。

“Heartbleed脆弱性と漏洩する情報のまとめ” の続きを読む

SSL脆弱性に備えたパスワード認証方法を考える

ここ数年だけでもSSLに対する攻撃方法やバグが何度も見つかっています。SSLで通信を暗号化していてもパスワード認証時のトラフィックを解読されてしまえば、パスワードが漏洩していまいます。パスワードが判ってしまえば、攻撃者は何度でも被害者のアカウントを利用できます。

脆弱性でなくても、SSLも無効化したMITM(中間者攻撃)も可能です。SSLだから安心、とは考えられません。これを何とかできないか、考えてみます。

参考:

“SSL脆弱性に備えたパスワード認証方法を考える” の続きを読む

なぜRubyと違い、PHPの正規表現で^$の利用は致命的な問題ではないのか?

Rubyデフォルトの正規表現では^は行の先頭、$は改行を含む行末にマッチします。PHPのPCREとmbregexでは^はデータの先頭、$は改行を含む行末にマッチします。

この仕様の違いはデータのバリデーションに大きく影響します。

参考: PHPer向け、Ruby/Railsの落とし穴 の続きの解説になります。こちらのエントリもどうぞ。

 

“なぜRubyと違い、PHPの正規表現で^$の利用は致命的な問題ではないのか?” の続きを読む

Heartbleed攻撃と対策

OpenSSLにメモリを自由に参照できるhearbleedと呼ばれるバグ(CVE-2014-0160)がありました。概要はTechCruchで解説されています。昨日は対応に追われたエンジニアも多いのではないでしょうか?OpenSSLを利用したシステムの場合、影響がある可能性があります。詳しくは

http://heartbleed.com/(英語サイト)

で解説されています。

“Heartbleed攻撃と対策” の続きを読む