PHPに足りないもの

(更新日: 2005/05/08)

よく「中規模以上のプロジェクトにPHPは向かない」と聞きますがJavaに比べると確かにその通りです。Beanなんて考え方は無いですし「JCPで作られた数々の標準に対応するような物がない」と言われても仕方ない状況です。言語仕様についても結構アバウトで微妙な仕様が突然変わったりします。
# 最近では5.0.3でコンストラクタをprivateで宣言できなくなった件があ
# ります。これは次の5.0.5で修正されますが。
# PHP4->PHP5ではオブジェクトを配列にキャストするとPHP5ではおかしな
# 動作をするなどがあります。

(特に現在は)PHPでJavaのような環境を前提としたしシステム開発には無理があります。Javaのようにいたれりつくせりの環境、アプリケーションサーバの付加分散等までフレームワークでやってしまえるような環境であるJavaと比べれば、明らかにPHPは中規模・大規模に向かないと言えます。

PHPでの開発は、どちらかと言うと、C言語での開発に近いのではと思います。いたれりつくせりの標準フレームワークは無い事、詳細は異なりますがアバウトなデータ型管理、などC言語での開発に似ている点はいくつかあると思います。C言語がJavaのような標準フレームワークを持っていないくても色々な分野で利用されています。最近ではC言語での大規模開発は相対的に少なくなって来ているとは思いますが、C言語で中規模以上の開発は向かない、と言う方はいないと思います。

ここでプロジェクトの規模について簡単に整理してみます。プロジェクトの規模には大きく分けて2種類あると考えています。1つは開発時の開発体制の規模、もう1つは運用時のシステムの規模です。

「開発体制規模が大きなシステム=運用時のシステム規模が大きなシステム」は成り立ちません。PHPが向かないと言われているシステムは「開発体制規模が大きなプロジェクト」であり、「運用時のシステム規模が大きなプロジェクト」ではありません。作るアプリケーションによりますがPHPで大規模システム(後者)を構築すると非常に開発効率が良い場合もあります。開発者が20名を超える中規模(会社によっては100名以下は小規模という会社もいくつもあると思いますが)システムの場合、プロジェクト管理により高度な技術的な知識が必要となり、プロジェクトを進行しづらい状況もあるとは思います。反対に安直にJavaで作ってしまい、スケーラビリティに欠けるWebシステムになってしまった、と言う話もよく聞きます。
# スケーラビリティに欠けるシステムはPHPでも簡単につくれますが、
# Javaのフレームワークを過信する間違いはよく聞きます。

PHPに足りない物は開発者の分業を可能とするフレームワークです。PHP5になって、PHP4との互換性を考えなければ、フレームワークを構築する開発者は随分やりやすくなってきています。PHP5になりフレームワークをルールに則り利用する事を強制する事も可能なりました。DIを実装しているMapleなどのフレームワークが充実してくるとこの状況も徐々に改善してくる事と思います。特に日本製フレームワーク、MapleEnthaに期待したいと思います。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です