なぜPHPアプリにセキュリティホールが多いのか?

(更新日: 2007/01/17)

技術評論社の新サイトで「なぜPHPアプリにセキュリティホールが多いのか?」をテーマにブログ風の記事を掲載させていただく事になりました。第一回は「CVEでみるPHPアプリケーションセキュリティ」です。

http://gihyo.jp/serial/2007/php-security/0001

CVEをフォローしている方であればPHPアプリケーションの脆弱性レポートの多さが目立っていることはよくご存知と思います。何故CVEエントリが多いのか解説しています。よろしければご覧下さい。

技術評論社の須藤さんに編集していただいているので私が書いた文章より読みやすいです。

今、気が付いたのですが、SecurityForcusに次の様な記載がありました。

The problem is, PHP applications accounted for about 43% of the security issues in 2006, according to the National Institute of Standards and Technology (NIST).

http://www.securityfocus.com/columnists/427

数えると凡そ半分と言っても良いくらいPHPアプリの脆弱性レポートがあったのですね。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です