ユーザ定義エラーハンドラの拡張パッチ

(更新日: 2005/10/25)

最近のPHPはE_ERROR(未定義の関数呼び出しなどで発生)をユーザ定義エラーハンドラで処理できません。これはE_ERRORが発生した場合、必ずeixtを呼び出しスクリプトの実行を停止しないと誤作動する問題に対処した為です。

随分前(PHP 4.3がリリースされた頃)からこんな感じでパッチを書けばよいです、と紹介はしていたのですがWikiに書きました。よろしければご利用ください。ユーザ定義エラーハンドラに問題(E_ERRORが発生する等)が無ければE_ERRORでexitすれば問題は発生しないはずです。万が一、関数名をタイポしていてもエラーページを表示しwebmasterに通知する処理などをエラーハンドラに定義できるので有用です。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です