このアドバイザリ、ちょっと待った

(更新日: 2006/03/02)

これはコードブログに書こうと思ったらTypePadのパスワードが分からなくなっていました。ブラウザに記憶させたはずなんですけどね…. とにかく以下のSECUNIAアドバイザリは(今度こそ)本当に間違っています。
# 前にCVSの更新が異常だったため勘違いしていた件がありました。
# 今度はSECUNIAが勘違いする番ですね。

TITLE:
PHP “mb_send_mail()” and IMAP Functions Security Bypass

SECUNIA ADVISORY ID:
SA18694

VERIFY ADVISORY:
http://secunia.com/advisories/18694/

CRITICAL:
Less critical

IMPACT:
Security Bypass

*省略*

SOLUTION:
Do not compile PHP to enable support of the mbstring or imap
functions if they are not required.

PROVIDED AND/OR DISCOVERED BY:
Cdric Clerget

詳しいPoCはリンク先のアドバイザリを参照していただくとして、mb_send_mailとmailの第五引数(sendmailコマンドへの追加の引数)は内部関数php_escape_shell_cmdでエスケープされています。

PoCでは普通の引数を渡しているのでphp_escape_shell_cmd関数でエスケープしても、当然ですが、そのままsendmail関数のオプションになります。

つまり、mb_send_mailだけでなくmailでもまったく同じ現象(現象です。これは問題ではありません)が発生します。コマンドの実行に注意をはらうのと同じでmail/mb_send_mail関数の第五引数の指定にも注意が必要です。

オリジナルのアドバイザリはBugTraqにあます。safe_mode/open_basedir設定のバイパスが可能なことがセキュリティ上の問題だ、としていますがsafe_mode/open_basedirはfail safe (フェイルセーフ)の為の機能です。つまり、プログラムのバグがあっても意図しないファイルへのアクセスリスクを低減させるための仕組みであって、悪意を持ったプログラマからシステムを保護する機能ではありません。

CRITICAL:
Less critical

IMPACT:
Security Bypass

となっているので気にする人はいないと思いますが、対策が以下のように書いてあります。

SOLUTION:
Do not compile PHP to enable support of the mbstring or imap
functions if they are not required.

Secuniaは何を言いたいのでしょうね?

mail関数はconfigureスクリプト実行時にsendmailバイナリを見つけられないと組み込まれません。多分、mail関数も組み込むな、とアドバイザリがでるのでしょう。

別に気にする必要はないアドバイザリですが、この対策は非常にいただけません。
百歩譲っても「disable_functionに指定する」くらいが妥当なのではないでしょうか?

追記:
SECUNIAのアドバイザリは

1) The PHP “mb_send_mail()” function allows additional parameters to be passed to sendmail via the “additional_parameter” parameter. This can be exploited to cause sendmail to read arbitrary files on the system as configuration file and saving the resulting log file to arbitrary writable directories. The saved log file may contain portions of the file that was read as configuration file.

Example:
$additional_param = “-C “.$file_to_read.” -X “.getcwd().”/”.$output_file;
mb_send_mail($email_address, NULL, NULL, NULL, $additional_param);

Successful exploitation allows the bypassing of certain “safe_mode” and “open_basedir” restrictions.

The vulnerability has been confirmed in version 5.1.2 and also reported in version 4.x. Other versions may also be affected.

と書いてあるのですが、safe_modeのバイパスだ、と書いていません。
オリジナルのアドバイザリを良く読むと、safe_modeの時だけ問題がある、旨で書かれています。ソースを確認してみるとmb_send_mailの方はsafe_modeのときに5番目の引数があっても受け付けるようになっていました。
# これは修正をCVSにコミットしました。久しぶりに。

mail/mb_send_mailの両方open_basedir設定はバイパスできるのですが、SECUNIAのアドバイザリではsafe_mode, open_basedirのどっちの事を言っているか分かりませんね。open_basedirがバイパスできることも問題らしいので「mail関数は組み込むな」とアドバイザリを作る(?)のでしょうね。

繰り返しになりますが、SECUNIAのアドバイザリでは対策として

SOLUTION:
Do not compile PHP to enable support of the mbstring or imap
functions if they are not required.

と書いていますがimapもmbstringも普通に使っていれば安全に使えます。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です