文字エンコーディングとセキュリティ(3)

(更新日: 2009/01/23)

gihyo.jpのブログ型の連載である「なぜPHPアプリにセキュリティホールが多いのか?」の

http://gihyo.jp/dev/serial/01/php-security/0021

で、PHPのサンプルコードを書いているのに「JavaScriptなど」とJavaScript用のサンプルコードであるかの様に書いていました。

JavaScript -> PHPに書き換えても良いのですが、両方JavaScriptのサンプルを掲載するように編集者の方に依頼しておきました。

ご指摘頂いた方、ありがとうございます。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

宛先を個人のメールアドレスに設定しているメルマガは迷惑メールに!

(更新日: 2008/01/24)

追記:
いろいろ異論がある事は分かっていながら書きましたが、ぼんやりと考えていた事は正確には伝わっていないと思います。このエントリの続きとして責任あるDM送信者はどのようにメールを送信すべきかを書きました。こちらの方が分かりやすいと思います。要はスパマーでないDM送信側は受信側にもっと配慮すべきだと考えています。その方が両方にとって利益になると考えています。

「迷惑メールを報告」ボタンを押させるな!
http://japan.internet.com/wmnews/20080116/7.html

によると以下が読者によって迷惑メールとして処理されてしまう代表的な原因としています。

1. 配信頻度が読者の忍耐を超えている頻度になっている
2. 内容に魅力を感じなくなり飽きている
3. 内容がミスマッチを起こしている
4. 第一印象のメルマガレイアウトが読む気をなくしている
5. 求めていないセールスプロモーションのメールである
6. 価値を感じないセールスメルマガである
7. 登録時に期待していた内容のメルマガではなかった

 

個人的にはTo(宛先)が自分のメールアドレスになっているメーリングリスト・メルマガが最も迷惑です。

7,8年前はメーリングリストであれば宛先にはメールリストのアドレスが記載されているのが当たり前でした。確か4,5年前くらいから宛先を個人アドレスに設定したメールリストが急増し、現在は当たり前になってしまいました。メールクライアントを使い始めたばかりのユーザでも「自分宛」、「自分にCC」、「それ以外」くらいは自動振り分けしているので、「自分宛」として送信した方が読まれる確率が高くなるのは当たり前です。

メルマガの内容など、読んでも読まなくてもよいDMと同じです。それを送り手側の勝手な意図で「個人宛」として送るのは非常に迷惑です。親展でもないのに親展とDMに書いて送っているような物です。

親展(しんてん)(英:confidential letter; private)とは、封書などにおいて、宛名となっている本人が自分で封を切って読んでほしいという意味またはそのような扱いのことである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E5%B1%95

郵便のDMもかなりの数が送られてきますが、さすがに親展でもないのに親展と書いてるDMはほとんど記憶にありません。読んだ側に「何これ?タダのDMじゃないか!」と不快に思われ逆効果だと考えているからではないでしょうか?

メーリングリスト/メルマガが個人のメールアドレス宛に送信されるのは非常に迷惑だ常々感じていました。今まで自分宛の不必要なメルマガはメールクライアントで迷惑メールとして処理させてきました。

状況を少しでも改善するために、今後Google,Yahoo,Hotmailなどの個人アドレスにメルマガを送信してきた場合は全て迷惑メールとして報告する事にします。

今や小手先のメルマガ編集方法だけでは読者の心を捕まえることができない。基本に戻ると「何が大切か」が見えてくる。

個人宛に送信するのは「小手先」テクニックの典型例だと思います。「迷惑メールを報告」ボタンを押させるな!のリストに載っていないのが残念です。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です