月: 2022年9月

SSBlocker – 攻撃元のIPアドレスをブロック

SSHなどよく知られたサービスポートで何も対策せずにいると数えきらないくらいの攻撃リクエストが来ます。不必要なログを増やしてリソースを無駄にし、もし不用意なユーザーやシステムがあると攻撃に成功する場合もあります。

SshguardはC作られており、flex/bisonのパーサールールを足せば拡張できますがカスタム版をメンテナンスするのも面倒です。必要なルールを足してプルリクエストを送ってもマージされる可能性の低いです。

Fail2banはPythonで作られていてメンテナンスも比較的容易です。しかし、削除された機能を使用しておりメンテナンス状態も良くないです。今のPythonで動くようにしても良いのですが、Fail2banは無駄に大きいです。そしてPythonはあまり速くもないです。

という事で簡単に拡張(どんなログでもパースしてブロック)できて、300行ほどの一つのスクリプトでそこそこ速く、簡単にカスタマイズできるIPアドレスブロッカーを書いたのでgithubに入れておきました。

https://github.com/yohgaki/ssblocker

もっと読む

SELinuxを有効化したままDockerコンテナから/var/run/docker.sockを使用する

必要になる度に調べているのでメモ。少なくともRHEL系はこれで動くようになるはずです。出来れば/var/run/docker.sockにアクセスが必要なコンテナだけにアクセス許可を与えたいのですが良い方法を思い付きません。それでもSELinuxを無効化するより/var/run/docker.sockだけアクセス可能のする方がホストの安全性は高くなります。そもそもボリューム(ファイル)にアクセスできないとアクセスできないので、ほとんどの環境※では、リスクは大きく増えないでしょう。

※ Dockerコンテナを作る人を信用できない場合、無視できないリスクがあります。コンテナ好き勝手に弄られる可能性があります。古いDockerがloopbackでコマンドを受け付けていた時に外部ユーザーから好き勝手にコンテナを弄られる脆弱性がありました。これと同じです。

もっと読む