セキュアコーディング/セキュアプログラミングが流行らない理由

ISO 27000(ISMS)をはじめ、セキュアコーディング/セキュアプログラミングを行いなさい、と推奨するセキュリティガイドラインが多くあります。2014年改訂のISO 27000に至っては、セキュアプログラミングが広く普及したのでセキュアプログラミングを行うとする記述に簡素化しています。1

しかし、広く使われているフレームワークでさえセキュアコーディング/セキュアプログラミングをサポートする機能が無かったり/不十分でだったり、現状は到底普及している、とは言えないです。辛うじて普及しているかも?と言えるのはセキュアコーディング/セキュアプログラミングでは枝葉末節にあたるコーディング技術(ああすべき/こうすべき)くらいではないでしょうか?

なぜセキュアコーディング/セキュアプログラミングが普及していないのか?考えられる理由を挙げます。

セキュアコーディング/セキュアプログラミングとは?という方は以下を参考にしてください。

“セキュアコーディング/セキュアプログラミングが流行らない理由” の続きを読む