2008年急速に普及する物

(更新日: 2008/01/01)

年末ということで来年の予測を一つ。2008年急速に普及すると思われる物は64bit版OSだと思います。

メモリが急速に安くなってきており8GB程度のメモリが搭載できるPCであれば安価に購入できます。32bit版Windows/Linuxでは多くのメモリを搭載しても3.1GBから3.6GB程度のメモリしか利用できません。メモリを多く積んだPCを使い切るには64bit版のOSが必須になります。

普通にPCを利用するなら2GB程度のメモリがあれば困る事はほとんど無いはずです。多くのメモリを何に使うかというと仮想環境です。仮想環境などを利用する場合にはメモリを多く搭載していた方が圧倒的に有利です。仮想環境を快適に使うには最低でも3GBのメモリがあった方が良いと思います。複数の仮想環境を実行するなら8GBのメモリでも十分使い切る事ができます。

64bit版Windowsの場合、デバイスドライバの問題があるので急速に多数を占めるような事は無いと考えられますが、現在のように「誰が使っているの?」と思えるほどの少数派では無くなると思います。仮想環境のホストOSは64bit版、ゲストOSは32bit版などと使い分ける方が増えるだろうと考えています。

64bit版Linuxの場合、新たにOSを購入する必要もないので64bit版への移行はあまり敷居が高くありません。FlashPlayerさえ用意されれば移行するユーザが多くなると思います。64bit版のFlashPlayerが無い場合でもVMWare Playerで実行できる32bit版のイメージがそのままダウンロードできるディストリビューションも少なくありません。(OS丸ごとダウンロードするする場合はくれぐれも信頼できるソースのイメージをダウンロードするように注意してください)数年前であれば64bit環境への移行はあまりお勧めできる選択肢ではありませんでしたが今は十分お勧めできる状況です。Linuxユーザの場合、64bit環境への移行は簡単と言えます。
# PAEをサポートしたカーネルなら4GB以上のメモリも利用できます。
# MomongaLinuxの場合、別カーネルとして提供されていますが、
# ディストリビューションによっては自分でビルドしなければ
# ならないと思います。

Mac OSXには64bit版はありません。OSXは元々64bit OSで32bitのアプリケーションもシームレスに実行できます。OSXユーザは64bit環境に移行する必要はありません。あまり意識される事がなかったMac OSXの優れた部分ですが2008年は注目される利点として改めて紹介される事になるかも知れません。

最後にこれを機に64bit版Vistaにアップグレード方が戸惑わない為のTipsを一つ書きます。(32bit版でも同じです)VistaにはUAC(User Access Control)が追加されているので注意が必要です。 「UACを有効にしているとマトモにつかえない」と感想を持たれている方も少なくないかも知れません。これはUACによる「管理者権限で実行オプションを表示するダイアログで実行」した場合と、「本当の管理者アカウントで実行」した場合の結果が異なる事が大きな原因の一ではないかと思います。

例えば、UACで「管理者権限で実行」してもhostsファイル等の変更はそのユーザがログインしている間だけの変更され、再度ログインすればhostsファイルは元通りに復元されます。これはウィルス等がhostsファイルを改ざんし定義ファイルの更新を防ぐ事を防止する為の措置です。UACが有効な場合、WindowsディレクトリのみでなくProgram Filesディレクトリやレジストリも保護されます。UNIX系OSのユーザは管理者ユーザと別に通常ユーザを作成して通常ユーザの方を常用するアカウントとして利用すると思います。通常ユーザではセキュリティ上の理由から予想しづらい保護機能が働いて『何故??』となってしまう事が予想されます。Vistaで管理者が行うべき作業を実行する場合は「本当の管理者アカウント」でログインして実行するようにします。

ついでにもう一つ。ドメインに参加しているPCの場合、ドメインの管理者アカウントでないと保護機能が働きます。ドメインに参加している場合、必ずドメイン管理者としてログインしてから作業しましょう。

# これらのセキュリティ機能は非常に有用だと思いますが
# Vista不人気の原因でもあるので将来無効化されそうで
# 心配です。

最後にメモリ増設で8GB積もうと考えている方は以下のURLを参考にしてください。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1127/hot517.htm

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です