RSSリーダへのインジェクション

(更新日: 2006/12/14)

少し前にセキュリティ系のMLに「RSSにインジェクション」と言う話題があったのですが実際に調べるとインジェクション出来てしまう物が結構あるようですね。全て使った事が無いものばかりですが

– Ykoon RssReader CVE-2006-4762
– SharpReader CVE-2006-4761
– RSSOwl CVE-2006-4760

等があるようです…

RSSOwlはJavaアプリケーションのようですね。リンクをクリックしてブラウザを立ち上げるとJavaScriptが実行されて… と言った攻撃方法なので信頼できるサイトのフィードなら大丈夫ですが、MLやブログコメント等のフィードは危険性が高くなります。

ところで、Firefox, Thunderbirdのアップグレードでてますね。

MFSA 2006-64 Crashes with evidence of memory corruption (rv:1.8.0.7)
MFSA 2006-62 Popup-blocker cross-site scripting (XSS)
MFSA 2006-61 Frame spoofing using document.open()
MFSA 2006-60 RSA Signature Forgery
MFSA 2006-59 Concurrency-related vulnerability
MFSA 2006-58 Auto-Update compromise through DNS and SSL spoofing
MFSA 2006-57 JavaScript Regular Expression Heap Corruption

ブラウザ関係ではFlashplayerのクリティカルなアップデートも出ています。私はこれを機会にWindowsはFlash Player9にしました。
# Linux、Solaris用のFlash Player 7はアップグレード版があるようですね。
# Zero3 esのFlash Player 7などはどうしろと言うこと…

Flash Player 8 update (8.0.33.0), and Flash Player 7 update (7.0.66.0 or 7.0.68.0) address security vulnerabilities in previous versions of Flash Player. Updated versions of Flash Player 7 for Linux and Solaris, which contain fixes for these vulnerabilities, are also available from the Adobe Player Download Center.

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb06-11.html

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です