もうバージョンアップで困らない – PROVE for PHP

(更新日: 2011/04/06)

昨年のPHPカンファレンスで紹介したPORVE for PHP 開発版の公開を始めました。PROVE for PHPはこんなテストが出来ます。

  • PHPをアップデートしてアプリに影響が無い事を検証する
  • PHPアプリをアップデートしても以前と同じように動作する事を検証する

使い方もとても簡単です。

  • テストケースの作成はブラウザからアプリを利用するだけ
  • ロードバランサを用いて実運用サーバからのテストケースも作成可能
  • テストの実行はプログラムを実行するだけ
  • 違いが在った場所はプログラムの何処か確実&簡単に判明

http://www.provephp.com/

現状

  • CUIとコマンドツールでの管理のみ
  • GUI(Web、GTK)は順次整備予定

PROVEを利用すればPHPのセキュリティパッチがリリースされた場合に、アプリケーションの動作チェックにかかる時間は数時間もあれば十分です。PHPのバグや仕様変更で動作が変わった場所(ソースコード中の関数)は一目で分かります。

PHPアプリケーションのマイナーバージョンアップやセキュリティフィックスが思わぬ副作用をもたらさないか、チェックするのも簡単です。

PHPアプリケーションの開発時にはBDD(振る舞い駆動開発)のツールとしても利用可能です。以前に記録したログと新しい機能を開発した後のログを比較して、思ったとおりの動作になっているか、簡単に確認できます。

PHP 5.3用のPROVEは個人利用であれば無料で利用できます。

オープンソースを期待された方済みません。弊社は小さな会社なので、大きな会社のようにオープンソースにしてメンテナンスなどで儲けるビジネスモデルは無理です。。将来の課題とさせてください。

PROVEの購入は基本的にパートナー企業から購入できるようになります。しかし、一定数のユーザは弊社から直接販売致します。まだ開発版ですが購入したい方は大歓迎です。開発版購入者だけの特典もご用意しています。私か弊社に直接ご連絡下さい。

ウェブサイトにはPROVE for PHPの紹介と簡単なデモ動画も用意しています。是非ご覧ください。

http://www.provephp.com/

現状はコマンドラインツールしかありませんが、Web UI、GUIはただの飾りです。
使用方法や質問、足りないドキュメント、使ってみた感想やご要望などはメール( yohgaki@ohgaki.net )、ブログのコメント、Twitter ( @yohgaki  DMも可) などでお送り下さい。携帯電話の番号をご存知の方は携帯電話でも構いません。宜しくお願い致します。
PROVEはどんどん更新されています。このブログやツイッターで更新情報を公開していきます。
http://twitter.com/yohgaki

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です