IE 7のセキュリティ改善を台無しにするIE 7 Beta2日本語版

(更新日: 2006/05/19)

IE7の設定画面の日本語訳の話。

そして、同図右のように、「(not secure)」な項目を選択すると、その設定項目部分の背景色が赤っぽくなり、項目タイトルの「Download signed ActiveX controls」の右の部分に、「(not secure)」と表示され、この項目が「安全でない」設定になっていることを警告するようになった。

今後ユーザは、ここが「赤くなるような設定使ってはいけない」ということになる。

そして、IE 7 Beta 2の日本語版が先日リリースされた。この画面がどうなっているかを確認したところ、図2のようになっていた。

図2: 図1の日本語版での翻訳

なんだこの「(セキュリティで保護されていない)」というのは。SSLが使われていないとでも言いたいのか?

マイクロソフトの日本語化係の人は、「安全でない (not secure)」という言葉をどうしても使いたくないのだろうか。

確かに日本語版IE7の表記は紛らわしいですね。

not secure = 安全でない = 危険

なので

セキュリティで保護されていない = 危険

に変えた方が分かりやすいかな。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です