IE7の新機能

(更新日: 2005/12/10)

Intranet ZoneでもActiveXは自動インストールできなくなるようです。

http://blogs.msdn.com/ie/archive/2005/12/07/501075.aspx

As a safety precaution in IE7, we have set the default for the Trusted Sites zone to Medium, the same level as the Internet zone in IE6.

管理者権限が無くてもプラグインがインストールできるのは良いですね。

http://blogs.msdn.com/ie/archive/2005/09/20/471975.aspx

1. Start IE with elevated permissions: click Start, point to All Programs, right-click IE, and then select Run Elevated.
2. Perform the ActiveX installation.
3. Exit the current instance of IE.
4. Start a new instance of IE normally (without Administrator permissions).

Webサイトを運用する側としてはSSLv2が使われなくなる点に注意が必要かも知れません。

Microsoft will also discontinue the use of the SSLv2 (Secure Socket Layer) protocol in IE7 and use the stronger TLSv1 (Transport Layer Security) protocol—part of an overall plan to improve the security and user experience for HTTPS connections.

しかし互換性の為にいろいろやってますね。管理者権限を持たないユーザでWindowsを使っていると分かりますが、管理者権限を持っている事が前提に作られているアプリケーションはかなりあります。Windowsの歴史と仕様などからある程度仕方ない部分もあるのですが、普通のユーザでWindowsを使うと本当に使いづらいです。OSXは気にならないように作られているのですけどね。


20周年記念WinXPアップグレードパッケージ
を買うとVistaのプレビュー版がもれなくもらえるそうです。そのためだけに3万弱は高過ぎですが、WinME、Win2000等をアップグレードしたい方にはちょうど良いかも?

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です