銀行のキャッシュカードに有効期限をつけたらどうでしょう?

(更新日: 2007/11/26)

一般の利用者の安全性確保もできますし、不正口座を無くすにもかなり効果的だと思います。クレジットカードだと損害を補償しなければならないがキャッシュカードだと保障しなくても良い場合が当たり前だったので「キャッシュカードに有効期限をつける」と言う発想は金融機関になかったのだと思います。キャッシュカードにも有効期限をつけた方が良いですね。

結構知られている(?)と思いますが1985年までに作られたキャッシュカードには暗証番号が記録されている物もあるそうです。比較的最近のキャッシュカードでも一部を書き換えするだけで利用できてしまうカードもあるようです。今はこういったカードを持っているATMを利用すると自動的にアップグレードされたりするでしょうか?それとも最低限、キャッシュカードを更新する必要がある旨のメッセージが表示されたりするのでしょうか?

ネット取引用にOTP(One Time Password)を採用している銀行もありますが、ネット取引の安全性を担保するには別デバイスでのトランザクションの認証が一番安全だと思います。随分前、ソフトウェアキーボードがセキュアキーボードと呼ばれていた頃にこのブログに実装案(携帯等で取引を確認後に署名する方法)を書きましたが今のところ似たような方法を採用した銀行は知りません。誰も思いつきそうな方法ですが、もしかして特許の問題などがあるのかも知れませんね。

これならどうでしょう?トランザクション番号を携帯などの別端末から入力して認証を取った取引だけ許可するとか? これなら特許問題が発生するような

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です