ソフトウェアの違法コピー、日本は優秀(?)

(更新日: 2005/06/08)

違法コピーの割合が最も高かった国はベトナムで、コンピューターにインストールされたソフトのうち92%に達した。中国は90%と3番目に高く、日本は世界で8番目に低い28%、米国は最も低く21%だった。

という事らしい。日本は比較的違法コピーが少ない国になっていますが、1/4以上が違法コピーである、としています。

大学時代にサウジアラビア人の友人から「サウジアラビアにはソフトウェアの著作権という考え方はない、いくらコピーしても法律的にも問題ない」と言っていました。本当かどうかは知りませんが、サウジアラビアの著作権制度は変わって違法コピー(法律がなければ違法とはいえないですが)は少なくなったのかと思い調べて見ました。

このプレスリリースには1999年頃から急激にサウジアラビアの違法コピーが少なくなった、と記載されています。今は著作権関連の法律もできて(?)普通の国なった(?)のでしょうね。

調査方法なども違うと考えられるので単純に比較する事はできませんが、全世界でのソフトウェアの違法コピーによる被害は2001年の117億ドル(約1兆3000億円)から2004年の約327億ドル(約3兆5000億円)に大幅に増えているようです。

中国に進出している企業であれば注意していると思いますが、日本企業はソフトウェアの不正使用で摘発されるケースが多くあるようです。ご注意ください。

# 以前、中国では教育目的のソフトウェアコピーは許可されている、と
# 聞いたことがあります。実際、中国の複数の教育機関のWebサイトか
# らAdobe、Microsoft製品がダウンロードできるようになっていました。
# 昔から違法? それとも今はもう違法?
## WTOに加盟しているので違法ですよね??

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です