ブートローダのインストールで固まる場合の対処

(更新日: 2005/05/03)

SATAが1台だけ搭載されているDELL PowerEdge 800にMomonga Linux 2をインストールを試みるとブートローダ(Grub)のインストール中に固まってしまいました。どうもブートローダのインストールができない状態のようなので、インストール中のXの画面から

ALT+SHFIT+F2

でVertual Console 2からtopコマンドと実行するとgrubプロセスが100%CPUを使用した状態でした。何らかの理由で無限ループに陥ったことが原因と思います。

とりあえずの対処は手動でGrubをインストールすればOKです。まず、grubのプロセスIDを調べてkill PID、そして

chroot /mnt/sysimage /sbin/grub-install –recheck /dev/sda

と入力して手動でGrubをインストールすればOKです。インストール出来ない場合は–recheckを削除して試してください。あとはXの画面に

ALT+F7

で戻り、「再起動しますか?」と聞かれているはずなので再起動すればOKです。
# バーチャルコンソールから再起動しても良いですが、一応…

Grubがインストールできないケースはあまり無い(?)とは思いますが、情報として。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です