バグが少ないブラウザがより安全とは限らない

(更新日: 2009/09/19)

Honeypotプロジェクトの調査の結果、興味深いというか、予想通りの結果になったようです。

Older versions of the three major browsers for Windows — Microsoft’s Internet Explorer 6 SP2, Mozilla’s Firefox 1.5.0, and Opera’s Opera 8.0.0 — were each used to browse the same subset, about 10 percent, of the sites. While researchers have disclosed about twice as many vulnerabilities for Firefox 1.5.0 as for Internet Explorer 6 SP2, the Honeynet Project found no attacks against the browser. Microsoft’s Web software, however, was compromised nearly 200 times.

攻撃する人も効率良く攻撃するためにシェアの多いのIEは200回攻撃されたにも関わらず、バグの多い古いFirefox、Operaは攻撃されなかったそうです。

The survey used a large list of 300,000 URLs belonging to about 150,000 hosts, finding that pornographic sites have the highest incidence — about 0.6 percent — of malicious sites, but that all categories included some sites that could lead to compromise.

これも予想どおりですがアダルトサイトが最もリスクが高いようです。しかし、全てのタイプのサイトから攻撃される可能性があるとしています。

A fully-patched version of Internet Explorer 6 visited 2,289 malicious sites, none of which managed to compromise the system.

2289の悪意のあるサイトは全てパッチ済みのIEに対して攻撃を成功させることはなかったそうです。

http://blogs.zdnet.com/security/?p=474

にはリモートコード実行脆弱性数のグラフが載っています。Firefoxが断トツです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です