refererでCSRF(XSRF)対策…

(更新日: 2006/11/11)

フォームにランダムで一意なIDを割り当てる方式も十分簡単だと思いますがREFERERでCSRF対策を行っているサイトが結構あるようですね…

FlashでREFERERが書き換えられる問題は別次元の問題だとしても、REFERER自体ブラウザが送信するデータであるため元々信頼できるデータでは無いです。随分前からクライアントレベルのセキュリティ対策ソフトウェアの中にはREFERERヘッダを削除する物もあります… 社内サーバから外部リンクをクリックした場合に社内サーバのURLが外部に洩れないようにREFERERヘッダを削除するプロキシもあります…

一般的な環境からなら使えるから(ある程度安全)といってセキュリティ対策にREFERERを使用するのは良くない考え方です。

ところでREFEERERでCSRF対策を行っているサイトは同じフォームの重複送信対策はされているのでしょうか?送信されたデータのハッシュを取って同じだったら重複とみなすとか?(この手のサイトは「2回以上送信ボタンを押さないでください」と設計ミスが明記されていることが多いです…書いてないサイトも多いと思います)

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です