FTPとCPanelユーザはクラッキングに注意が必要

(更新日: 2008/01/24)

Hack Attack Hits 10,000 Web Sitesによると自動化された攻撃で10000以上のサイトがブラウザやブラウザプラグインの脆弱性を攻撃するコードをホスティングさせられているそうです。

この攻撃はFTPとCPanelのパスワードをブルートフォース方式で解析、ログインできたサイトに自動的に攻撃コードを埋め込むようになっているそうです。攻撃を受けマルウェア配布に利用されているサイト管理者の多くは攻撃自体に気づいていないとしています。

自動化されているので日本語のサイトであることなど関係無しに攻撃される可能性があります。予測しやすいパスワードを利用されている方はすぐに予測できないパスワードに変更されることをお勧めします。

記事には常に変わるJavaScriptを生成するファイルが埋め込まれる、

Those servers have been infected with a pair of files that generate constantly-changing malicious JavaScript.

と書いてありますがさすがに攻撃コード自体を変更するのは難しいと思います。恐らくダウンローダーへアクセスするJavaScriptが動的に生成されているのだと思います。

どのような攻撃が考えられるか参考になるリンク

Death by iFrame
http://www.cio.com/article/135452

これを読むとマルウェアをホスティングさせられたサイトがどのように利用されるか解ると思います。
# 予想なので違っているかも知れません。
# 間違っていたら教えてください。

関連記事
Legitimate sites serving up stealthy attacks
http://www.securityfocus.com/news/11501
Attackers favor compromise over creation
http://www.securityfocus.com/brief/667
Most malware comes from legit sites, says researcher – 51% of sites spreading malicious code have been hacked
http://www.computerworld.com/action/article.do?command=viewArticleBasic&articleId=9058599&intsrc=hm_list

攻撃に成功するとPCはボットネットに組み込まれます。この攻撃から自分(ブラウザのユーザ)を守るには

  • ブラウザとプラグインを最新版にする(脆弱性がないバージョンを利用する)
  • FirefoxにNoScript拡張をインストールして利用する(信頼しないサイトではiframeを無効にする)

の両方を併用することが望ましいと思います。Flash, QuickTime, RealPlayer, Adobe Readerは最低限チェックすべきプラグインです。アプリケーションが勝手にプラグイン(プロトコルハンドラも)をインストールしている場合もあるので要注意です。

上記の対策だけでは心配なので以下のチェックもする方が良いと思います。

  • Windowsを安全な状態にする(Microsoft Updateで最新版の状態にする)
  • 無闇にサイトを信頼しない(特に個人運営サイト)
  • その他のアプリケーションも脆弱性があるバージョンはすべて更新する

個人運営サイトでなくてもホスティングサービスを利用しているサイト等ではリスクはあります。似たような攻撃ならガジェットを利用しているWebサイトでも可能です。したがってガジェットを利用しているサイトにも注意が必要です。

セキュリティアップデートに敏感なユーザでも脆弱性があるプログラムの更新を忘れている事は非常に多いようです。脆弱性情報サイトとして有名なSecuniaのPSI(Personal Security Inspector)のベータテスト、100万ユーザから得られたデータによると、95%のPCに既知の脆弱性があるプログラムがインストールされていたそうです。PSIをインストールするユーザはセキュリティアップデートには敏感なユーザと考えられますが、95%つまり100万PCのうち95万のPCには何らかの既知の脆弱性があるプログラムがインストールされていた事になります。これには驚きです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です