構造計算書偽造とインターネットに接続されたシステムの類似点

(更新日: 2005/11/22)

マンション等の構造計算書を偽造した事件が大きな話題となっています。偽造した構造計算書を作成した設計事務所の設計士が「コストを安くしないと仕事をもらえないと思った」、建築業者が「施行主の指示の問題の建築事務所を利用した」等を発言していると聞きインターネットに接続されたシステムに類似点があることが気になりました。

本来Webサイトは「安全」である事に重点をおいて構築されなければならないですが現実はそうではありません。インターネットのシステムの場合、他人の生命に影響するようなシステムはほぼないこと、財産に大きく影響するシステムもネットバンキングやネット証券のようなごく一部のシステムしかないことから「安全」に対してそれほど大きな注意が払われていない事がよくあるようです。実際、比較的有名なサイトのセキュリティ管理が、ごく基本的なセキュリティ管理さえ行わず、非常に悪い状態にあった事例が多くあります。少し古い話になりますが、日本の著作権関連会社の代表者が、安全なWebサイトでなければサイトを公開できなければ中小の企業はWebサイトを公開できないではないか、といった旨の発言をしたという記事もありました。”組織として中小なんだからセキュリティ対策が出来ていなくても当然”と開き直ってよい物ではありません。建物が倒壊すると建築主以外にも被害が発生するように、インターネットシステムの安全性が確保できていないと他人を攻撃する踏台にされ他人に大きな迷惑をかける事になる場合もあります。

安全なシステムを構築するには、安全性を考慮しないシステム構築より多くの費用が必要となるのは明らかです。しかし、Webシステム開発の場面でも「コストを安くしないと仕事をもらえないと思った」や「発注者の指示で必要なセキュリティ対策が施せない(施さない)」ケースは非常に多いのではないかと感じます。システム構築は建物の建築とは違い安全性が十分であるか確認する仕組みが無いため、より状況が悪い事はこの業界の方でなくても分かると思います。

プロによって作られた物が「安全」であることが当り前ではないという類似点が構造計算書偽造事件とインターネットのシステムにあります。安全性に問題が発生する背景にも類似点があります。この状況を変えるには発注者と受注者、”両方”の意識を変えなければなりません。

# プロが作っている物でも驚くような仕様になっている場合
# があります。インターネットとは関係の無い古い例で
# すが、1985年以前に作られた銀行のキャッシュカードには
# 磁気テープにカードの暗証番号が保存されていた物がある
# そうです。
# インターネットのシステムでこれに類するような事例は多
# くあります…

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です