PostgreSQL 8.1のパフォーマンス

(更新日: 2005/09/08)

PostgreSQLのパフォーマンスはpostgresql.confに大きく影響されるので、速くなったかどうか判りづらい場合も多いです。しかし、8.1では確実に速くなっているようです。現在8.1はbeta1ですが少しだけ比較してみました。

詳しくはWikiのページを見ていただくとして以下の様にpgbenchで計測すると

./pgbench -v -h 192.168.100.204 -U yohgaki -c 20 -t 200

PostgreSQL 8.0.3

tps = 4683.835265 (excluding connections establishing) (Select only)
tps = 1032.798585 (excluding connections establishing) (Update 省略)
tps = 423.926137 (excluding connections establishing)

PostgreSQL 8.1beta1

tps = 5985.801678 (excluding connections establishing) (Select only)
tps = 1428.605103 (excluding connections establishing)(Update省略)
tps = 533.005286 (excluding connections establishing)

という感じの結果になりました。
postgresql.confの設定は多少チューニングした物を使っています。postgresql.confもWikiのページに添付してあります。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です