カテゴリー
Computer Development

_php_stream_passthru

(Last Updated On: 2018/08/13)

php-usersのMLに投稿した内容の補足です。コードはPHP 4.4の開発ブランチのソースです。

main/stream.cに_php_stream_passthru関数が定義されています。reafile関数(ファイルの中身を全て出力)、fpassthru関数(ファイルリソースの中身を全て出力)に利用されています。

PHPAPI size_t _php_stream_passthru(php_stream * stream STREAMS_DC TSRMLS_DC)
{
    size_t bcount = 0;
    int ready = 0;
    char buf[8192];
#ifdef HAVE_MMAP
    int fd;
#endif

#ifdef HAVE_MMAP
    if (!php_stream_is(stream, PHP_STREAM_IS_SOCKET)
            && stream->filterhead == NULL
            && php_stream_tell(stream) == 0
            && SUCCESS == php_stream_cast(stream, PHP_STREAM_AS_FD, (void*)&fd, 0))
    {
        struct stat sbuf;
        off_t off;
        void *p;
        size_t len;

        fstat(fd, &sbuf);

        if (sbuf.st_size > sizeof(buf)) {
            off = php_stream_tell(stream);
            len = sbuf.st_size - off;
            p = mmap(0, len, PROT_READ, MAP_SHARED, fd, off);
            if (p != (void *) MAP_FAILED) {
                BG(mmap_file) = p;
                BG(mmap_len) = len;
                PHPWRITE(p, len);
                BG(mmap_file) = NULL;
                munmap(p, len);
                bcount += len;
                ready = 1;
            }
        }
    }
#endif
    if(!ready) {
        int b;

        while ((b = php_stream_read(stream, buf, sizeof(buf))) > 0) {
            PHPWRITE(buf, b);
            bcount += b;
        }
    }
    return bcount;
}

注目すべきは以下です。

            if (p != (void *) MAP_FAILED) {
                BG(mmap_file) = p;
                BG(mmap_len) = len;
                PHPWRITE(p, len);
                BG(mmap_file) = NULL;
                munmap(p, len);
                bcount += len;
                ready = 1;
            }

PHPWRITEマクロは最終的に出力バッファに書き出します。PHPからの出力は最終的にWebサーバにバッファされる場合があります。つまり、一度に大量のデータを出力するとメモリを大量に必要とする可能性があります。

Momoery Mapped I/Oの利点がバッファ無しでデータを読める事は分りますが、大きなファイルを送信するには不適切な事は明らかです。データを適切なチャンクサイズに区切ってPHPWRITEに書き込むよう変更しなければならないですね…