MSが勝手にWindows Update関連ファイルを更新

(更新日: 2007/09/14)

ZD Net本家のブログによるとMSは何の通知もなしに勝手にXP/VistaのWindows Update関連ファイル更新しているそうです。「勝手に更新」とはWindows Updateを実行しない設定にしているにも関わらず密かにアップデートしている、と言うことです。

変更されたファイルは以下のファイルだそうです。

The files on Vista are:

* wuapi.dll
* wuapp.exe
* wuauclt.exe
* wuaueng.dll
* wucltux.dll
* wudriver.dll
* wups.dll
* wups2.dll
* wuwebv.dll

And on XP SP2:

* cdm.dll
* wuapi.dll
* wuauclt.exe
* wuaucpl.cpl
* wuaueng.dll
* wucltui.dll
* wups.dll
* wups2.dll
* wuweb.dll

Windows Updateだけは何が何でも最新版にしたかったのか、古いバージョンをメンテナンスするのが面倒になったのか、理由は分かりませんがQA/テストを行っている方には非常に迷惑な話です。

好意的に推測するとWindows Updateのファイルの更新が必要な場合、先に更新しておかないと一旦Windows Updateを終了し、またWindows Updateを実行しなければならないからだと思います。

理由はともかく、他人のPCにインストールされているファイルを密かに更新するのはマルウェア的すぎます。

追記:
MSによるとサービス開始以来Windows Updateのファイルは密かに更新しており通常の動作だとの事です。

Microsoft said that the Windows Update service automatically updates itself “from time to time to ensure that it is running the most current technology.” “This is normal behavior, and it has worked this way since the service debuted several years ago,” the company said.

http://www.itworld.com/Comp/2218/070913msupdates/

古いURLとか、維持したくなかったのかな?

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です