BUFFALO Wi-Fi Gamers 無線LANアクセスポイント WCA-G

(更新日: 2014/12/29)

参考:自ら顧客離れを促進するバッファロー、不必要なアプリケーション利用制限とQ&Aの嘘

最近のCTUやモデムにはルータ機能が付いているので、無線LANを使う場合にルータ機能付きの親機(無線LANアクセスポイント)を買う必要はありません。ひかり電話を契約したのを機会に無線LANのアクセスポイントを交換しました。

前に使っていたのはNEC WarpStarで今回新しく購入したのはBaffalo BUFFALO Wi-Fi Gamers 無線LANアクセスポイント WCA-G です。

この無線LANアクセスポイントの箱やメーカの製品ページを見るとゲーム機専用のような印象を受けますが、ごく普通のルータ機能無し無線LANアクセスポイントです。この無線LANアクセスポイントで非常に気に入ったのは2行メッセージを表示できるLCDパネルが付いており、このパネルと周辺にボタン4つで基本的な操作や設定が全て行えることです。

  • 無線LANチャンネルの変更
  • アクセスポイントのIPアドレス確認
  • 接続中のクライアント
  • ファームウェアのバージョン
  • ファームウェアのアップグレード

等が本体のLCDパネルとボタンのみで確認・設定できます。

製品仕様

DHCP機能付きのルータとの使用が想定されており、IPアドレスはDHCPサーバから取得します。一旦IPアドレスが設定されれば、PCからWeb UIも利用できます。Web UIからは固定IPアドレスの設定、ESSIDやWPAキーなど無線LANオプション、より詳細な無線LANオプション等の通常の無線LANアクセスポイントが持つWeb UIと設定機能を持っています。

最近では当たり前になりましたが、自動的に無線LANの設定を行うAOSSとWPSに対応しています。WPSを利用すると、ESSIDやWPAキーを知らなくてもクライアント側でWPSによる設定を開始して、WiFi Gamersの上のAOSSボタンを押すだけで無線LANアクセスポイントに接続できるようになります。デフォルトで設定されるWPAキーは非常に長いランダム文字列なのでクラックされる事はまずありません。
。管理ソフトさえインストールすれば、普通の無線LAN内蔵PCなどから面倒な設定画面で設定無しで安全にアクセスポイントに接続できるようになっています。WPSはMacBookのVistaで試しましたが問題なく設定できました。

一緒に購入したUSB無線LANアクセスポイントはAOSS対応なので、こちらを使うとAOSSで無線LANを設定できます。こちらは普通のPC(Windows Vista)からAOSSで設定しました。当然ですが何の問題なく設定/接続できました。

当然ですがPS3の無線LANもまったく問題なく簡単に接続できました。PSP等は持っていないので試していませんが、簡単に接続できるはずです。

Wi-Fi GamersはWPA2、802.11nに対応していないのが残念ですが、11nに対応していないので価格も安くなっています。11gで十分な方なら無線LANアクセスポイントとしてお勧めできると思います。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です