VMWare Fusion 1.1 beta vs. Paralells Desktop 3.0

(更新日: 2007/10/03)

Boot CampでOSXとVistaをデュアルブートにして利用しています。Boot Camp 1.4 betaにアップグレードしてからParalellsの調子が非常に悪く、直ぐに固まるのでVMWare Fusionを試してみる事にしました。

キーボードの配列がAT配列になる、ディスプレイドライバの設定に問題があったのかVistaの画面がSVGAになった、Boot Campのドライバをインストールし直す必要があった、などのマイナーなトラブルは有りましたが普通に使えます。もっともチャレンジャーにもParalellsをアンインストールしないでVMWare Fusionをインストールした事が問題の原因かもしれませんが。

結論から言うとVMWareを使う事にしました。

– CPU消費が少ない
– 速い(体感的に)

が決め手になりました。Paralellsでぎくしゃくしていたアプリもかなり快適に動作するようになりました。フルスクリーンも使いやすいです。(OSXのメニューバーは邪魔なのでVMWareを使っている時のように隠れてくれるとうれしいのですが… 確かアプリ毎だった気がするのでOSでは変えれないのかもしれません。知らないだけで設定があるのかな?)

3DとDual Coreを有効にする設定も試してみましたが、3Dを有効にするとVistaでは無理ある(?)らしくまともに利用できませんでした。Dual Coreも有効にして少し使うとフリーズしたので無効にしました。

細かい所、例えばMacに無いキーが送信できるなどの機能はParalellsの方が良い感じです。しかし、VMWareは多少の問題は在りますが、軽快に動く方が助かるのでVMWareに乗り換えると思います。

Paralellsをインストールしている方でVMware Fusionを試したい方は最初にParallelsでWindowsを起動してParalells Toolをアンインストールした方が良いです。このツールはParallelsで起動していないとセットアッププログラムが動作しないようになっています。このツールを削除しておくとここに書いていたキーボードやドライバの問題は発生しないのかもしれません。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です