Tomcat 3.3.0 – 3.3.2にクロスサイトスクリプティング脆弱性

(更新日: 2007/08/08)

IPAのドキュメントでは大規模開発にはJava, .NETをお勧めしているようですがTomcatのページにはこのような記載も。

Apache Tomcat 3.x and 4.x, we strongly encourage users to use the latest stable version of Apache Tomcat whenever possible. We recognize that upgrading across major version may not be a trivial task, and some support is still offered on the mailing list for users of old versions. However, because of the community-driven support approach, the older your version the less people would be interested or able to support you.

http://tomcat.apache.org/

つまり3.x, 4.xユーザは早く6.xに乗り換えてねと言う事です。PHP4の状況と同じですね。

そして現行の3.3.xの最新版に未パッチ(私が見た情報には詳しい記述がなかったので詳細は分かりません。もうすぐパッチはリリースされるのかな?)のXSS脆弱性があるようです。IPA的にはJavaは良いけどTomcatは大規模開発には使うなと言う事なのかな?

MoPBの邦訳をしていたので「例えば大規模開発にPHPは使用しない」(IPAのページが見つけられなかったので正確な言い回しでは無いかもしれません)と言う表現に一役買っているとも言えますが、私としてはどうもドングリの背比べに見えるのですけどね…

機会がある毎に、言語やフレームワークでより安全なWebサイトが作りやすくはなっても、言語やフレームワークで安全性を保証できない、と言っています。「○○言語利用しているので安全です」とか「○○フレームワークを利用して構築しているので安全です」とは言えないことは明らかです。バージョンアップについても状況は違っても似たような状態だと思います。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です