pthread版pgbenchの拡張

(更新日: 2005/09/08)

実はpthread版pgbenchの作成には別の目的もあります。オリジナル版pgbenchのコードを見ると分かるのですが、非同期クエリを使用しているので送信するクエリのカスタマイズが面倒です。pthread版pgbenchの別の目的、と言うより本来の目的、はpostmasterが書き出したログから自動的にクエリを収集し、再生するベンチマークを簡単に行いたいので作る、と言う事にあります。

今の所こんな感じで実装するつもりです。

postgresql.confのログ設定が

log_line_prefix = ‘%r’
log_statement = true

で出力されたログから自動的に各クライアントのクエリを出力し設定されたスレッド数(クライアント数)でベンチマーク出来るようにする予定です。

今のコードだとログの読み取りとクエリ保存を行えるようにして、各スレッドがクエリを実行するように変更すれば良いだけです。簡単なのでそのうち変更します。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です