PHPのlintモード

(更新日: 2005/10/25)

エラーハンドラでE_ERRORを処理できるようにして関数名などのタイポに対応できても、タイポによる構文エラーに対処できなければ意味が無いよね?と言う事でlintモードの紹介です。

随分前のPHPからlint(構文をチェックするモード)はあったのですがあまり使われていない(?)ような気がします。実際、かなり長い間壊れていた事もあります。最近のPHPのlintモードは壊れていないので-lオプションを使ってチェックすれば思わぬ構文エラーによるスクリプトの停止も免れます。

いくらエラーハンドラでエラーをwebmasterに通知していても構文エラーには無力です。特にアプリの新規作成時や大量の変更がある場合にはlintモードを使う方が良いでしょう。詳しくはWikiに書きました。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です