PHP4でpublic

(更新日: 2005/06/21)

PHP本家の開発ML internals@lists.php.net ではPHP4でpublic宣言を行えるようにするかどうかで盛り上がっています。

PHP5を使っている方はご存知の通り、PHP5からオブジェクトのプロパティはpublic, protected, privateにアクセスレベルを限定できるようになりました。それと同時に古いプロパティ宣言であるvar宣言は使わないよう推奨されています。

初めの頃のPHP5のリリースではPHP5で追加されたE_STRICTエラーを表示する為の記述に間違いがありました。E_ALLではE_STRICTエラーでは表示されず、E_ALL | E_STRICTにしなければなりません。E_STRICTエラーにはvar宣言についてもvarではなくpublic, private, protectedを使用する旨のエラーが発生します。E_STRICTエラーを表示する設定方法に間違いがあったため、E_STRICTエラーには気が付きづらかったと思います。E_STRICTレベルエラーを有効にしてエラーの数に驚いた方も多いかも知れません。

しかし、var宣言エラーの問題さえクリアすればほとんどE_STRICTレベルのエラーを回避し、PHP4とPHP5の両方で実行できるコードを書くことも可能になります。現状ではPHP4ではクラス定義の際、プロパティは必ずvar宣言しなければならないのでクラスを使えばE_STRICTエラーは必ず発生します。

class foo {
public $var;
}

をPHP4でも使えるようにするメリットはあります。PHP4用のコードと言いつつPHP4.4より古いPHP4では実行できなくなるのも困るというのも分かります。

私はPHP4の文法は拡張せず最初に読み込むアプリケーションの設定ファイルなどで


error_reporting(E_ALL);

を実行する方がよいのではないかと思っています。
この方法には最初に読み込まれるファイルが在ること、そのファイルにクラス定義が含まれないと前提条件もありますがこれでも十分ではないかと思います。

# 最悪、auto_prependでerror_reporing設定を変える方法も使えます。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です