Fedora22用のPhalcon 2.0.6のSRPM

(更新日: 2015/07/25)

Fedora22用のPhalcon RPMパッケージを作ったのでダウンロードできるようにしておきます。

githubのcphalconとphalcon-devtoolの2.0.xブランチのソースを使ってビルドしています。バージョンアップする場合、2.0.xブランチのZIPファイルをSOURCESディレクトリにダウンロードしてrpmbuildコマンドでビルドし直せば最新バージョンをビルドできます。

Fedora22と構成が近ければ、そのままSRPMが使えます。CentOS 7などでビルトする場合、EPELにre2cパッケージがありません。CentOS 6用のEPELのre2c SRPMをダウンロードしてビルド&インストールしてからビルトするとRPMパッケージを作れます。

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です