Momonga Linux 3のX

(更新日: 2006/11/30)

Momonga Linux 2では普通にXも使えていたPCにMomonga Linux 3をインストールしたところXが起動するとZAPもVCへの切替えもできない状態になりました。インストールまでは通常通りGUIでインストールできたので設定の問題であることは明らかです。勘でDRIかな?とxorg.confを編集してdriモジュールをロードしないようにしたら普通に使えるようになりました。
# 当然DRIは使えませんが、Xは使えるようになりました。
# ディスプレイドライバはviaです。

もしインストール後にXが使えなくなった方、DRIを無効にしてみると良いかもしれません。

この他にもnVidiaカードを使っている方はxorg謹製のnvドライバを利用するよりvVidiaが提供しているドライバを使用した方が良いと思います。nvドライバだとXが全く動作しなかったり、少し動作してもすぐにおかしな状態になる場合あります。nVidiaが提供しているドライバもバージョンによって当たりハズレがあります。ハズレに当たるとどうやっても正常に動作しない事があります。私はIA32用(i686)の

NVIDIA-Linux-x86-1.0-9629-pkg1.run

を945チップセット+GeForce6600、TwinView有効で利用しています。特に問題もなく快適です。

IA64(x86_64)の場合、1.0-8776は当たり、1.0-9626はハズレだそうです。

参考:http://wiki.ohgaki.net/index.php?Momonga%20Linux%2FNVidia%20TwinView

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です