JPUG北海道 RUBY札幌 合同セミナーの資料

(更新日: 2008/02/18)

2月16日に札幌で行われたJPUG北海道 RUBY札幌 合同セミナーの資料です。

http://blog.ohgaki.net/media/users/yohgaki/PostgreSQL-Performance.pdf

セミナーの際には風邪の為、声がでず、非常に聞き辛かったと思います。聞きにお越しいただいた方には申し訳ないです。

fsync=falseなのでかなり速い事は理解していただけたと思います。(かなりのスピートダウンですがfsync=trueでも速いです)セッションをデータベースで管理した場合などにfsync=falseで運用しても問題ないでしょう。しかし、絶対にデータベース上のデータの不整合は困る場合にはfsync=trueに設定しなければなりません。

とは言ってもfsync=falseの速さは捨てがたいと言う方はUPSを利用すると良いでしょう。UPSを付ければリスクはかなり低減できるので、リスクとメリットのトレードオフで選択すれば良いと思います。

UPSを使っても防げないデータの不整合

  • カーネルがクラッシュした場合
  • HDDのケーブルが抜けたなど、物理的問題の場合
  • 電源が壊れた場合(これも物理的な問題ですが、2重化すればかなりリスク低減可能)
  • HDDの冗長化を行っていない場合(RAID組まずにデータ保護の為にUPS使っても….ですが念のため)

等が考えられます。

HDDの冗長化を行っていないサイトのデータベースであれば、fsync=falseが困る訳も無いでしょう。このような場合はfsync=falseでどんどん使ってよいでしょう。

fsync=falseはデータベースサーバ全体の設定なので結局は「ショッピングサイトなどでどんな場合でも受注済みデータが無くなると困る」のような要求があるとfsync=falseで運用できないのでは、とご意見も頂きました。このような場合でもログを別の方法で残す、例えば、メールで送信してしまう、別ディスクにジャーナルとして書き込む、など方法でデータ保存の方法を冗長化していればfsync=falseでも困らないサイトは少なくないと思います。そうは言っても、困る物は困る場合はfsync=trueで利用すると良いでしょう。

データベースに拘らずデータの冗長化を考えると、fsync=falseは強力な武器になります。

# PostgreSQL 8.3ならsynchronous_commit=offに設定してリスク
# を軽減する事も可能です。ところで、別ディスクにジャーナル
# として保存する場合はDBよりも先にジャーナルファイルに書き
# 込み、fsyncを忘れない様に注意してください。
# メール送信する場合はリモートのメールサーバが受け取った後
# にDBに書き込むように注意してください。つまりローカルのメー
# ルキューにいれるのみだとジャーナルのように使えない場合が
# あります。qmailならinjectが正常に終了すればOKだとは思い
# ますがメールシステムによっては高い信頼性を期待できない場合
# もあります。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です