経膣分娩時のルーチンの会陰切開術は有益でない

(更新日: 2005/05/15)

経膣分娩時に、ルーチンに会陰切開を行うことは患者にとって有益ではないことが、これまでの研究を再調査した結果明らかになった。米North Carolina大学のKatherine Hartmann氏が、米国厚生省(HHS)の助成を受けて行った研究で、 Journal of American Medical Association(JAMA)誌2005年5月4日号で発表した。

私と家内は前から疑問に思っていたのですが科学的にも有益で無いことが明らかになったようです。

ちなみについ先日の2005/5/11 06:58に二人目の娘が誕生しました。一人目の娘が生まれた同じ助産院です。当然LDR(同じ部屋で出産のプロセスを全て完了する出産方法。通常の方法は自分の部屋、陣痛室、分娩室の3つの部屋を使用します)で完全な自然分娩でした。切迫早産の危険性がずっとあったため産婦人科にも行っていたのですが予定通りまた助産院で生まれてよかったです。家内も私も助産院での出産に大満足です。

父親にとって助産院が病院より良い点は生まれたての赤ちゃんでも抱き放題という事です。何時でも行って抱っこしたり、お風呂に入れてあげたりできます。今日もお風呂に入れてあげました。

助産院と聞いて暗いイメージをお持ち(?)の方もいらっしゃるかもしれませんが、今の助産院は違いますよ。私たちが利用した助産院は部屋は広く綺麗です。エコーなど設備もあるので自然分娩が安全に可能かも判ります。

全ての産婦人科がお勧めできないことと同じで、お勧めできない助産院もあるとは思いますが、多くの場合、助産院の方が気持ちよく出産できると思います。

一人目の出産で散々な目にあった、という方も多いと思います。私の周りにも散々な目にあった方が沢山います。少子化問題の改善にも出産時の体験を良い体験にすることは非常に重要と思います。

# アメリカでは約3割が会陰切開を行っているそうです。日本の状況は
# 次のURLによると初産の会陰切開割合は9割に達するとしています。
# http://www.web-reborn.com/humanbirthpark/voice/episio.html
# 数値の真偽はともかく、私の知人の出産経験なども考慮すると、
# アメリカに比べてかなり多いのは確かな様です。
#
# 日本の出産で帝王切開の割合は15%くらいのようですね。
# これも多すぎるような気が…
# http://jw.st72.arena.ne.jp/mamechishiki/yuchaku/fujin03.html
#
# 当然ですが会陰切開も帝王切開も全く不必要、という訳ではありま
# せん。必要な場合も多くあります。自然分娩が常に良いとは限りま
# せん。念のため。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です