カテゴリー別アーカイブ: Linux

Fedoraのrescueイメージとカーネルを更新する方法

Fedoraもfedupを使って簡単に更新できるようになって便利になりました。しかし、システムにインストールされているrescueイメージとカーネルが古くなっても更新されません。さすがにFedora22でFedora18頃のrescueイメージとかカーネルでは怖いので更新方法を調べてみました。

続きを読む

Fedora 20(Kernel 3.14.x用)のパッチ済みVmware Workstation 9モジュール

モジュールにパッチを当てていたことを忘れてVmware Workstation 9をバージョンアップしてしまいました。当然ですがモジュールがビルドできないので使えない状態になってしまいました。現在、利用しているVmware Workstation 9用のパッチは検索しても簡単には見つからないようなので、手元に残っていたモジュールソースのアーカイブを利用して使えるようにしました。

かなり無責任なエントリですが、Linux 3.14カーネルとVmware Workstationを利用されている方なら参考にはなると思います。また忘れそうなので自分用のメモです。

続きを読む

PCをZ97チップセットのマザーボードに更新

数年ぶりにLinuxをインストールしているメインPCにしているPCのマザーボードを交換、同時にCPU、メモリ、ディスクも新しい物にしました。近々このマザーボードは別のマザーボードに交換すると思います。SSDも交換するかも知れません。Linuxユーザーの為に情報を共有したいと思います。

Linuxは大抵の環境で動作しますが、まだまだいろいろある、という話です。

詳細な調査を行ったのではありません。取り敢えず自分が使う環境を整備する為に試した時のメモ程度だと理解してください。コメント歓迎します。

続きを読む

Linuxの電源管理

Linuxパワーユーザには当たり前の情報が多いですが、IDFでlesswatts.orgがお披露目となったようです。

と同じ情報が掲載されているものが多いようです。

LinuxをノートPCで利用する場合に少しでも長くバッテリを利用する為のTipsが掲載されています。サーバの消費電力軽減にも役立つTipsもあります。Intelチップ専用のTipsもありますが、Intel以外でも使えるTipsもあります。Kernelやコマンドがサポートしていないと利用できない機能もあります。

サイトの掲載されているTIPS:

  • SMPスケジューラの電源管理有効化

    echo 1 > /sys/devices/system/cpu/sched_mc_power_savings

  • SATA電源管理有効化

    hdparm -B 1 -S 12 /dev/sda

    -B set Advanced Power Management setting (1-255)
    -S set standby (spindown) timeout
    -y put IDE drive in standby mode
    -Y put IDE drive to sleep
    -Z disable Seagate auto-powersaving mode

  • ラップトップモードの有効化

    echo 5 > /proc/sys/vm/laptop_mode

  • CD/DVDをポールしない

    hal-disable-polling –device /dev/scd0

    デスクトップでもCD/DVDを挿入した場合に操作を選択するダイアログを表示されない為に利用すると便利。

  • WOL(Wake on LAN)の無効化

    ethtool -s eth0 wol d

  • Gigabit LANを100Mbpsに変更

    ethtool -s eth0 autoneg off speed 100

    1000Mbpsに戻すには最後のパラーメータを1000にしてethtoolを実行。

  • Intel Wirelessアダプタの省電源機能の有効化

    iwpriv eth1 set_power 5

    省電源機能を無効にするには最後のパラメータを6にして実行。

  • 自動アソシエートモードの無効化

    rmmod ipw2200
    modprobe ipw2200 associate=0

    WiFiアクセスポイントを一生懸命探さなくなる。

  • WiFiの無効化(電波OFF)

    for i in find /sys -name "rf_kill" ; do echo 1 > $i ; done

    有効にするには

    for i in find /sys -name “rf_kill” ; do echo 0 > $i ; done

  • Bluetoothの無効化

    hciconfig hci0 down
    rmmod hci_usb

  • バックライトの調整

    xbacklight -set 50

  • DMPS(ディスプレイの電源管理)有効化

    xset +dpms

    120秒のアイドルで電源OFF

    xset dpms 0 0 120

  • TV/VGA/DVI出力の無効化

    xrandr –output TMDS –off

  • Realtimeの有効化

    mount -o remount,relatime /

    atimeの様にアクセス時間の記録をsyncしない(直ぐにatimeをアップデートしない)のでディスクの利用が効率化する。デスクトップでもお勧め。

  • サウンドカードの省電源機能の有効化(AC97)

    echo 1 > /sys/module/snd_ac97_codec/parameters/power_save
    echo 1 > /dev/dsp

  • HDAサウンドの省電源機能の確認(HDAのみ)

    cat /sys/module/snd_hda_intel/parameters/power_save

    0より大きな数値で有効化されている。

  • BIOS設定の変更

    * Processor C1E support: This enables maximum power saving of the processor when idle.
    * Enhanced Speedstep (EIST): This allows Linux to optimally reduce the frequency and voltage of the processor when not using the maximum capacity.
    * Fan control: Set to “auto speed”; this allows the fans to slow down (and use less power) when the temperatures in the machine allow this.
    * Enable the HPET (often called “Multimedia timer”) option. This allows Linux with tickless idle to maximally save power by being idle longer.

    BIOS設定はハードウェア管理機能が不明なデバイスとして認識しないよう、一部の省電源機能を無効化しています。上記の機能を有効化すると消費電力が少なくなります。

LinuxとICH7は鬼門?!

GigabyteのGA-8I945Gマザーボードを購入しました。このマザーボートを購入した理由はPCI Express x16用のハイエンドグラフィックスカードは必要なかった事と廉価なPCI Expressグラフィックスカードが無かった事、そしてPentinumDを使いたかった為です。
# IntelのxxxGチップセットはグラフィックスカード機能を内蔵しています。
# 16MBくらいのメインメモリは使えるのだろう、と思っていたらGA-8I945G
# は最大でも8MBしか使えません…

945チップセットはICH7によってPATA/SATA IDEインターフェース機能が提供されています。ネットで検索するとSuSEなどのディストリビューションではSATAのみの環境でもインストールできているようですがMomonga Linux 2はインストールでませんでした。ATA HDDのFAQサイトではata_piixかahciでICH7で利用できると書いてあるのですが、SATAデバイスは全く認識されない状態でした。

仕方が無いのでPATAのHDDとDVD ROMをIDE0インターフェース接続してとりあえずインストールした後、いろいろ試して見る事にしました。しかし、このIDE0のインターフェースが悪いのかICH7サポートが悪いのか、DVD ROMをはずしてもhdparmで2MB/秒程度の速度しか出ていません。状態を確認するとDMAさえ使っていませんでした。hdparm -d1でDMAを有効に設定しようと試みても「サポートしていない」旨のエラーでDMAも有効に出来ません。

なんとしてもSATA HDDを使えるようにしなければと思いつつネット検索していると、カーネルのデバイス認識に問題あるため(?)チェックコードを削除するとSATAドライブを認識できたケースがある事を見つけました。kernelに次のパッチを適用してやっとSATA HDDが認識できました。

hdparmでも66MB/秒と普通の数値が出ています。cp -ax でPATAにインストールしたMomonga Linux 2をSATAにコピーし、grub.confやinitrdイメージを作り直してパッチ付きカーネルでブートできるようにしました。ここでは書いていませんが、要所要所で適切にBIOSも設定しなければなりません。設定を間違えるとPATAのディスクさえ認識してくれません。ご注意下さい。

他のディストリビューションでSATAのみの環境でのブートを試みたのはKnoppix3.9 日本語版だけですが、これもSATAデバイスを全く認識してくれませんでした。SuSEなら大丈夫(?!)なのかもしれませんが…

GigabyteのGA-8I945GはLinuxで使えない事もないですがお勧めできるM/Bでは無いです。同じシリーズのM/Bも同じかと思います。M/Bの問題と言うより、もしかしてICH7/ICH7RはLinuxにとって鬼門?!

# PS/2マウスコネクタの接触が悪いのか、他の原因なのか分かりませんが
# マウスが動かなくなるのも困ります。抜き差しすると直ります…
# 955チップセットに買い換えるかな…