Windows Firewallとドメインコントローラ

(更新日: 2004/11/09)

Windowsファイアーウォール(ICF:Internet Connection Firewall)には色々注文を付けていますが、無いより随分よいとは思っています。ICFを設定するネットワークプロパティーの詳細設定タブが表示されたり、されなかったりする問題も解決したようです。

今日、ICFで新たに気が付いたのですがドメインコントローラ(Windows Server 2003のアクティブディレクトリドメインコントローラ)がある環境ではドメインのセキュリティーポリシーが適用され、ユーザは変更できない仕様になっているようです。当然といえば当然の仕様ですが、Windowsクライアント上でサーバアプリケーション実行したい場合にセキュリティーポリシーに慣れていないユーザが正しく設定するのはかなり難しいのではないかと思いました。

pgbenchでNative Windows版PostgreSQLとCygwin版 PostgreSQLのパフォーマンスの違いを測定しようと思ったのですが、小さなLANなのであまりセキュリティーポリシーにこだわる必要はないのですが、変更が面倒なのでまた今度ベンチマークするにします。

しかし、最初はドメインのセキュリティーポリシーはロードされてなかったような気がするのですが気のせい?!

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です