「ハッカー」に逆襲、パスワード盗み返す 中3書類送検

(更新日: 2009/02/07)

今年、流行するだろうと予測していることに、素人によるWebアカウントのクラックが増える、があります。

少年はゲームの動きが悪くなったことからキーロガーに気づき、ソフトを解析。操作の履歴の送付先になっていた男性のメールアドレスやID、パスワードを割り出したという。

http://www.asahi.com/national/update/0205/NGY200902050001.html

キーロガーを送りつけられ、それに気づいた中学生が犯人を割り出して、逆にクラックした事件だそうです。加害者でもあり、被害者でもあるクラッカーは気が付かなかったようなのでスクリプトキディーだとしてもなかなかのものです。

Webアカウントのクラックはもっと簡単です。パスワードが盗めたり、セッションが盗めるサイトは多数あります。パスワードは結構簡単にクラックできます。例えば、md5でハッシュ化しているパスワードで小文字アルファベットと数字だけ(1-8文字)

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789

の辞書サイズはたったの36GBです。(単純にハッシュ化したデータを保存している訳ではないので解析できる可能性は99.904%) オンラインで巨大な辞書(レインボーテーブル)を公開しているサイトもあるので自分で辞書を作る必要もありません。

この少年がWebアカウントでなくWindowsアカウントですが、関連事例として書いておきます。

関連: http://blog.ohgaki.net/2009

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です