SquirrelMailパッケージの改竄はやはり攻撃目的

(Last Updated On: 2007/12/16)

前のエントリで改竄は大きなセキュリティ上の問題ではない旨説明がされている、と紹介しましたが新リリースのアナウンス部分に新しい情報が追加されていました。

http://www.squirrelmail.org/index.php

Due to the package compromise of 1.4.11, and 1.4.12, we are forced to release 1.4.13 to ensure no confusions. While initial review didn’t uncover a need for concern, several proof of concepts show that the package alterations introduce a high risk security issue, allowing remote inclusion of files. These changes would allow a remote user the ability to execute exploit code on a victim machine, without any user interaction on the victim’s server. This could grant the attacker the ability to deploy further code on the victim’s server.

リモートファイルインクルードが可能になっていたらしいです。1.4.11は9月末にリリースされたパッケージなのでかなりの期間、危険なパッケージが公開されていた可能性があります。

利用されている方はバージョンアップしておいた方がよいと思います。また影響範囲が分からないので新しいバージョンがリリースされた場合に直ぐにアップデートできるよう準備する方がよいでしょう。

SquirrelMailのサイトでは前のニュースで影響が少ないとしていた部分は、追記として危険な問題がある事を明記しておかないと勘違いするユーザも少なからず発生するような気がします…

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です