Security Update 2007-007

(更新日: 2007/08/03)

最近メイン環境をOSXに変えたのでMacをよく使っています。LinuxとOSXが半々くらいになっています。今までOSXのセキュリティアップデートを注意して見てこなかったのですが、このセキュリティアップデートを見ると「なんだかな…」と思ってしまいました。

bzip2 CVE-ID: CVE-2005-0758
gnuzip CVE-ID: CVE-2005-0758

この脆弱性はgunzip -Nで展開した場合の問題のようななのでそれほど危険ではないようです。しかし、2005年の脆弱性なのでこれはさすがに古すぎでは… 確かにアーカイバの脆弱性修正が忘れられている事例は多く見られます。アンチウィルス製品がLHA、GZIP, BZIP等の脆弱性が直っていなくて(それも古いもの)脆弱性としてレポートされているケースはかなり多いです。だれも気にしていなかったにしても長期間放置されすぎだと思います。

PHPもアップグレードされていました。確かにテストなどで時間が必要なのは分かります。特にPHPはアップグレードするのが非常に難しいのは分かりますが、このアップデートでやっと4.4.7になりました。PHP 4.4.4ってなぜ?と思っていました。自分でビルドして5.2を使っているので気にしていませんでしたが。Appleだけが遅いのではなく、確信犯でアップデートを出していないディストリビュータも多いですけど。

普通の人が普通に安全にコンピュータが使えるようになるのはまだまだ長い道のりが必要ですね。
# 普通の人(コンピュータに詳しくない人)はgunzip, bzip2は使わないか

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です