SATA IIのベンチマーク

(更新日: 2005/05/21)

メモ。ITMediaのSATA IIのベンチマーク。

SATA IIのNCD(Native Command Queuing)の効果は期待していたよりは効果が低いですがBarracuda 7200.8 SATA NCQ速いですね。

順次読込みは130Mバイト/秒に達している。これは、コントローラがPCI-Expressに接続されていないと性能をフルに発揮できないことを示している。

これって私のSATA IのLinux BOXでhdparmした時の倍くらいの速度です。130MB/秒だと1Gbpsを超える速度ですが、133GBプラッタのHDDはそんなに速い?! と思いSeagateのサイトに行きHDDのデータシートを見てみると

Sustained Transfer Rate (Mbytes/Sec) 65

と記載されていました。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です