PostgreSQLに関する間違い情報

(更新日: 2006/09/23)

PostgreSQL 8.0は2005年1月にリリースされました。SAVEPOINTは8.0からサポートされている機能ですが、2006年4月の記事で「サポートしていない」と間違った情報が記載されているページを見つけました。

 ロールバックはトランザクションの開始処理まで戻るのが基本であるが,「セーブポイント」機能を利用すれば部分的な処理の取り消しが可能になる。図4[拡大表示]上に示したようにトランザクションの中に「SAVEPOINT(セーブポイント名)」を設定し,「ROLLBACK TO(セーブポイント名)」とすれば,ROLLBACKからSAVEPOINT間の処理を取り消すことができる。1つのトランザクションには複数のセーブポイントが設定可能である。セーブポイント機能はOracleにはあるがPostgreSQLには無い

しかし、よく見ると

出典:日経オープンシステム 2003年2月号 142ページより
(記事は執筆時の情報に基づいており,現在では異なる場合があります)

とあり書いた時点では正しい情報です。3年も経つとかなり変わりますから技術記事の再利用は難しいですね。この記事は新人対象のようですがこれを読むとそのまま信じてしまいそうです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です