CSRFに脆弱なルータはWHR-G54Sだけではないはず

(更新日: 2007/09/11)

BaffaloのWHR-G54S
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/whr-g54s/
にCSRF脆弱性とレポートされています。海外製品のレポートは見かけますが、日本製のSOHOルータのレポートは記憶にないです。よくある脆弱性なので日本製のレポートは初めてではないと思いますが、個人的には初物なので書きました。

WHR−G54SはCSRF対策がない(足りない?)ので認証状態にあればFirewall設定を変更できるようです。

SOHOルータはよくターゲットにされるので管理ページにログインしたら、ログオフしてブラウザを終了させた方が良いと思います。ログオフ機能が無くても普通はログオフするとセッション情報は消去されるはずです。ログオフ機能が付いていてもブラウザを終了させるのは、ログオフ機能の実装にも問題あった場合でもセッションが切れるようにする為です。

サンプルコードを見ると

<body onload=”document.CSRF.submit()”>
<form name=”CSRF” method=”post”
action=”http://192.168.11.1/cgi-bin/cgi?req=inp&res=filter_ip.html”
style=”display:none”>

の様にJavaScriptを使ってページを表示するだけでCSRF攻撃を行うコードになっています。フォームも非表示にしているので攻撃された事に利用者はまず気が付かないと思います。

管理用ページには割と頻繁にCSRF脆弱性やXSS脆弱性が見つかっています。SOHOルータに限らず、システム管理者の方は管理用ページにログインしたらログオフとブラウザの終了を行う癖をつけると良いと思います。管理用ページにアクセスするブラウザは普段使わないブラウザにする、仮想環境からのみアクセスする等はより効果的です。
# 私はできるだけ別のマシンから管理用ページを見るようにしています。

この種の攻撃を無闇に見ず知らずの他人に攻撃して成功させるのは比較的難しいと考えられます。しかし、標的型攻撃なら非常に簡単です。例えば、知人がCSRFに脆弱な管理ページで操作している、と知っていればログインしている間に攻撃者が作ったページに誘導して攻撃を成功させるのはそれほど難しくありません。

匿名性保証ができる攻撃者なら製品設定の解説サイトを作り、そのサイトに訪問したユーザに対してCSRF攻撃を行う方法も考えられます。この場合、攻撃に成功する確率はかなり高くなると思います。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です