b2evolution 1.8.6にXSS脆弱性

(更新日: 2007/01/15)

このブログのb2evolutionは1.9.1なので、1.9.1のコードを確認してみたところ、1.9.1にも厳格な入力チェックが行われていないなど、確かに好ましくない処理が行われていました。XSSと言うよりHTTP Response Splittingに脆弱なコードになっていました。

攻撃を成功させるには幾つかの条件が必要でした。

  • 普通のクロスサイトスクリプティングであるため、ログインするページを表示する場合に他人が用意した罠ページのログインリンクをクリックしないとならない
  • その後、ログイン操作を実際に行わなければならない
  • PHPのバージョンが古くheader関数が脆弱である

特に重要なのはPHPのバージョンが古くなければならない点です。PHP 4.4/PHP5.xなら問題ありません。このサーバで利用しているPHPも大丈夫なので対処は行っていません。

例えばRHEL 4はPHP 4.3なので攻撃が成功するかも知れません。(パッチを確認すれば脆弱性を攻撃できるか直ぐ分かるのですが未確認)いずれにせよ、公開用のPHPスクリプトを書く場合、比較的古いバージョンのPHPも広く利用されている事を前提にコーディングしなければならないです。

この脆弱性の危険度はCVEでHighになっていますが、SecuniaではLowになっています。どちらに設定するかは微妙なところです。環境が古ければ「非常に危険」と考える事もできますが、現在PHPプロジェクトが正式にサポートしているバージョンは4.4と5.2で両方とも影響を受けません。

話は変わりますがb2evolution 1.9.1は使わない方が良いかも知れません。正規表現に問題があるらしくアンカータグが正しく処理できない事がよくあります。本家サイト見るとサポートされているバージョンが1.8系と1.9系だけになっているのでバージョンアップを考えている方は1.8系を先に試す事をお勧めします。1.8.6で正しく表示されるかどうかは検証していませんが、少なくとも1.9.1は問題が多いです。

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です