不良コンデンサ問題

(更新日: 2005/11/29)

CNet Japanによると不良コンデンサが大きな問題になっているようです。

今回問題になったのは、色が黒と金の2色で、長さ約2.5センチの低ESR(等価直列抵抗)アルミニウム電解シリンダというキャパシタで、側面に HN(M)およびHM(M)のマークがあり、上部には「X」の文字が刻印されている。このキャパシタは一部のマザーボードやビデオカード、さらにPC、モニタ、ビデオデッキ、テレビなどの電源にも採用されている。

7年くらい持つはずが3,4年で不良になるそうです。気になる方は問題のコンデンサの写真も載っています。iMac G5, Dell OptiPlex, HP wx等で問題のコンデンサが使用されている事が分かってるそうです。

これらの不良キャパシタには、膨張、突出、流出、硬化などの現象が発生し、その結果画面の表示がおかしくなったり、断続的にシステムが停止してしまうことが明らかになっている。

調子が悪くなったらHDD、メモリチェック、のみではなくコンデンサチェックも必要なのですね…

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です